お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

2021 ロックショアゲームが好調。ビッグバッカーシリーズの使い分けとは?

皆さん、こんにちは!しょごたんこと村上祥悟です。

春の心地よい気候で釣りもしやすい今日このごろですが、最近僕はソルトフィッシングは沖磯での釣行が多く、その中でもビッグバッカーシリーズを使った磯五目ゲームが好調です。

主なターゲットとしては、ヒラマサやブリといった青物系、ハタ族などの根魚系、そしてこれから旬を迎えるイサキと多種多様で魚種が釣れています。

これらの魚たち狙う際のルアー選びや場所の選択をご紹介させていただきます。

まず、最初に狙いたいのは沖の潮が変化する潮目。これは明るい時間で潮が動いている時は水面の変化で見つける事が可能ですが、刻一刻と変化しますので、変化に合わせて自分のポジションやキャスティングの飛距離を調整することが重要です。

この潮目で青物狙う時におススメなのがビッグバッカースライドスティックの60g。このジグはキレのあるスライドアクションが出せるので、賢いヒラマサも見切らせずにバイトに持ち込むこむことができ、実績も十分です。沖磯は水深があり流れもあるので60gをメインで投入しますが、潮や水深の関係で60gではボトムが取れない時は、バンブルズジグの100g前後にチェンジします。海は狙っている場所に届かないことには話にならないので、全力で届くか届かないかのギリギリではなく、少し余裕をもって確実に届くセッティングを意識してください。もちろん、普段からのキャスティングの練習はお忘れなく。飛距離と釣果は大きく関係していますよ!

そして、次におススメなのがハタなどの根魚系。これは岩礁帯の根回りなどの少し深いレンジをタイトに狙うのですが、好調なのがビッグバッカースピンです。過去の実績からみるとハタ系はビッグバッカースピンのようなブレード系が大好物。

イサキはエサにつくことが多く、エサが溜まりやすいサラシ周りや潮目によく着いていますが、ブレード系が好きな魚なのでビッグバッカースピンに実績大ということも付け加えさせていただきます。

さらに、裏パターンとしてイサキはビッグバッカー107も非常に好反応ですので、ルアーローテーションしながら狙うといいでしょう。

 

どれも美味しいターゲットなので、ぜひビッグバッカーシリーズで狙って見てください!