お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

大阪湾の春告魚/メバルゲーム真っ盛り

皆さん、こんにちは。FxFキャプテンの中島成典です。

いよいよ大阪湾でも春告魚”メバル”の本格的なシーズンになりました。

毎年年末頃から港湾部で釣れだすメバルなのですが、そろそろ産卵も終盤を迎えて活発に動きはじめるタイミングです。

 

FxFでは、ナイトゲームメインに、1〜2gのジグヘッドにセットしたワームを使ったライトゲームが主体で、最近の実績ルアーはスイスイスイムジグヘッド& タイドビートのセッティングです。

ジグヘッドのウエイトはメバルの活性によって使い分けていますが、活性が高く表層で食うなら1g前後、少し沈んでいて、深い層を探る場合は2g前後が良いでしょう。

釣り方は着水したらただ巻きのシンプルな使い方で、基本はスローですが、高活性だと早巻きもいいでしょう。もちろんフォール&トゥイッチなども有効です。

ロッドは、操作性良く、汎用性高いGSW-S63SULを使用。

気になる方はFxFではレンタルでも使っていただけますので、手に取って試してみてください。

なんと言ってもボートメバルは、ポイントへダイレクトにアプローチできるのが最大の利点で、25cmを超える良型サイズ連発も夢じゃありません。

 

釣り人的には冬のイメージがあるメバルですが、実はこれからでゴールデンウィーク明けくらいまでがハイシーズン。

食べても美味しいメバルなので、煮付けはもちろん、塩焼きもオススメです。

この春は、FxFでぜひボートメバルにチャレンジしてください。