お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

冬のアジングで風を味方につける方法

皆さんこんにちは、ジャッカルソルトチームの一宮安幸です。

 

今回ご紹介するのは、冬のアジングです。全国各地で人気のライトゲームであり、その楽しさと奥深さに自分も熱中し通っています。

この季節の釣りの天敵といえば強い北西風。リアス式海岸の多い、当地大分県でも風裏はかろうじてあったりしますが、厳しい状況も少なくありません。できれば遠慮願いたいこの北西風ですが、上手く立ち回れば味方につけることが出来ます。今回は風が強い中での好釣果を得られた釣行についてご紹介していきましょう。

先ずは強風下でのオススメルアーはタイドリングシリーズ。これはジグヘッドにもワームにもリブが付いているので、水噛みも良く、程よく引き抵抗もあるので、強風下でも意図したレンジを狙える様に操作が出来ます。更に底荒れもしがちな状況下ですので、水流も凪の時に比べ少し複雑になりがちです。そんな中でもタイドカーリーのテールがしっかりと動きアピールする事が出来ます。

 

次にラインも重要になってきます。自分のオススメはエステルラインの0.2号以下。早く水に沈み、感度も良く、風の抵抗を受けにくい細いラインが有効です。

 

釣り場ですが、あえて正面から風があたるポイントを選んでみましょう。さすがに横風のポイントではどんなラインでも流されてしまいます。そして正面から当たるというのがポイントです。風に乗ってベイトも打ち寄せてくるので、堤防の際で良型が連発することも少なくないのです。

この打ち寄せてくるベイトですが、この季節はアミ系が多いので、タイドカーリーのカラーチョイスはクリア系にホロが入っているものを選び、アミの集合体を演出するといいでしょう。さらに自分の経験上高活性のアジが接岸するので、ライズも頻発するのも珍しくありません。そして使うタイドリングヘッドは1.8g以上をオススメします。向かい風に負けない様、重めの仕様にして飛距離を稼ぎます。

逆に風裏で追い風の様なポイントでは、軽量の0.6g以下のタイドリングヘッドを風に乗せてキャストし、普段届かない様な場所をじっくりと探れる事も可能になりますので、これまで攻略しきれなかったスポットを狙うことができます。

 

季節はもうすぐ春ですが、まだまだ北西風が吹く機会はあるかと思いますので、楽しいアジングを堪能してみてはいかがでしょうか。