お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

渚の小さなものがたり。残暑を楽しむライトゲームのすゝめ

皆さんこんにちは、大分の一宮です。朝夕のひんやり空気は夏から秋の移り変わりの気配を感じるようになりましたが、日中の残暑はまだまだ厳しいですね。

 

今回ご紹介するのは、涼しみながらも楽しめるショアソルトでのライトゲーム。少し水に浸かりながら涼を感じることができるのでこの時期にはピッタリではないでしょうか。

さまざまなポイントがありますが、実績のあるのは流れ込みに絡むフラット。この写真のフィールドは小さな渚になってます。ポイントとしては、少し遠浅で陸から伏流水が流れ込み海水と淡水の入り交じる汽水域になっています。海辺をドライブしていてこのような河川や流れ込みを見かけることは珍しくはないはず。一見すると地味なのでスルーしてしまいがちな場所ですが、これから秋にかけて様々なターゲットが狙える様になるのです。

 

まずは、浅いシャローなので最もエキサイティングなトップウォーターを使っていきましょう。ジャッカルのライトゲームのトップといえばライザーベイト!

使い方もとってもシンプルで、投げて巻くだけオッケーですが、リトリーブスピードに変化をつけたり、一瞬止めて食わせの間を入れたりするのも効果的です。飛距離もかなり稼げるので、広範囲を探れるのにも適しています。水面を泳ぐライザーにバイトしてくる光景はめちゃくちゃ楽しいですよー!今回釣行では、セイゴやチヌがバイトしてきました。

 

次にオススメなのがナノバイブ。トップへの反応が少なくなってきた時に活躍するルアーで、小さいながらもしっかりとした波動とフラッシングで魚にアピールする事ができます。使い方はタダ巻きでスピードに変化をつけるのも良し、ボトムまで落として細かくリフト&フォールでも良しと万能な立ち回りをしてくれます。

写真のダツは水面を高速リトリーブすると物凄いスピードで突っ込んできました。

 

 

最後に奥の手、キビキビナーゴ+キビキビダートジグヘッドのスーパーライトワインド釣法です。大層な名称としましたがこれもシンプルで、ボトムに着けてチョンチョンとロッドワークをしてボトムをダートしながら誘っていきます。水深50センチでも通用しますので、魚がチェイスしてくる様子をサイトで楽しんでみてください。

この他にもこれからの秋にかけてのシーズン、更にメッキやコトヒキなど本当にいろんな魚が狙える様になってきますので、浸かるのは膝下までとして様々なターゲットを楽しめる渚のライトゲームに挑戦してみて下さい。