お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

F×Fで楽しむ大阪湾のスーパーライトジギング

みなさんこんにちは、FxF(エフバイエフ)の中島成典です。

今回は僕が大阪湾で行なっている遊漁船FxF(エフバイエフ)で、今もっとも熱いゲームであるスーパーライトジギング(以下SLJ)をご紹介します。

全国的に流行っているSLJは釣具屋さんには専門コーナーもしっかり設けられるほどの人気で、みなさんもご覧になっていたり、興味をもっていると思います。もちろんFxFでもリクエストが多いゲームのひとつです。

今まではあまり明石海峡でSLJというのは聞くことは少なかったのですが、実は結構楽しむことができるのです。


もちろん、潮流が複雑で速く、地形変化に富んでいる明石海峡は、ライトタックルに軽いウエイトのジグを使うSLJに向いているとはいい難いのも事実ですが、、エリア&タイミングを合わせればまだ手付かずの明石はSLJパラダイスなんです。

具体的には、やはり潮流の緩いタイミングが基本。緩いタイミングが短い大潮は避けた方がいいですね。

どうしても明石海峡付近はネガカリが多発します。また、ライトタックルのSLJでは、海峡の激流は不向きなので、海峡から少し離れたポイントをおすすめします。

狙い方としては、潮流の緩い、かけ上がり&瀬などを40〜80gのジグで誘います。


フラッグトラップ主体に、少し潮流が速かったり、水深が深い場合などはラスパティーンやビンビンメタルなども活躍しますね。

特にフラッグトラップは、SLJ専用メタルジグということで、ライトタックルでアクションさせやすく、フロントフックに装着されている”フラッグ”がアピールするので、ワンピッチアクションはもちろん、ただ巻きでも効果を発揮しますよ。

そしてスピニングタックルを使っていれば、これからの時期、潮目等で不意に始まるナブラにも対応。気難しい小型ベイト”シラス”パターンでも、フラッグでバイトに持ち込めます。



狙える魚種としては、マダイはもちろん、パワフルなハマチ、サワラ、ガシラ、アジ、サバ、ホウボウなどなど。とにかく様々なサカナを狙えるのも、この釣りの魅力ですね。


最後にこのSLJで使用するロッドは、船釣りデビューにうってつけのGSWシリーズの中でも初心者でも扱いやすいベイトモデルでは、GSW-C68SUL。不意のナブラ撃ちなど、キャスティングも想定するなら、GSW-S63SULが、それぞれオススメです。

もちろんFxFでは、SLJをしっかりレクチャーさせていただきます。
GSWシリーズはもちろん、レンタルタックルも充実していますので、是非!この夏はFxFで念願のSLJデビューしてみてください。