お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

ビンビンスティックEXTRO + ビンビンスティックスルメデスにてバショウカジキ21kgをキャッチ!!

ジャッカルソルトフィールドスタッフであり、鯛ラバ情報ポータルサイト “鯛ラバ”管理人の 松本 裕之氏が島根県温泉津の誠涼丸にてビンビン玉スルメデスとビンビンスティックエクストロBSXS-S66M-TJにて21kgのバショウカジキをキャッチしました。

詳しいレポートを松本氏からいただきましたのでご紹介いたします。

〜〜TEXT〜〜

皆さん、こんにちは。ジャッカルソルトフィールドスタッフの松本裕之です。

 

2016年の秋から、夢であるメーターオーバーの真鯛を釣りたくて島根県の温泉津に通っています。

 

この地名、初めての方なら「おんせんつ?」と読んでしまうかもしれませんが、正式名称は「ゆのつ」です。
読んで字のごとく温泉が湧く地で、その泉質はなんと「オール5評価」。国内屈指の名湯です。

 

温泉津周辺は、三瓶山をはじめとする山に囲まれ、中国地方最大の河川「江の川」があり、豊かな海になる条件が揃っています。年中様々な魚が釣れるのはもちろん、とにかくどの魚もサイズがよく、いつもお世話になっている「誠涼丸(せいりょうまる)」では、過去にメーターオーバーの真鯛が2枚上がっています。

 

誠涼丸の藤川船長とはSNSで知り合ったのですが、初めて行った日に90cmの真鯛が釣れてびっくり!
それからこの地を「秘境」と呼ぶことにしました。

 

秘境では、これまでに92cmをはじめ90cmオーバーを2枚、80cmオーバーも5枚釣らせてもらっています。
通えるといっても1〜2ヶ月に1度。それなのにこの確率でモンスターサイズに出会うことができるのは、この地のポテンシャルの高さと、藤川船長のモンスターサイズを嗅ぎ分ける経験と勘のおかげ。

 

そんな秘境にこの夏、チャレンジしてきたのですが想像もしないような素晴らしい魚に出会えました。

 

その日は大鯛狙いで出船していただき、実績のある温泉津沖へ向かいました。ポイントは水深80m、ベイトの反応がすこぶるよい。同船者がルアーを落とすとほぼ真下に落ちていたので潮が緩いと判断。手にしていたベイトタックルをスピニングタックル ビンビンスティックエクストロ BSXS-S66ML-TJ に変え、キャスティングで広範囲に狙うことにしました。セレクトしたルアーはビンビン玉TG80gビンビンワームトレーラー スルメデスS

 

そしてその時がやってきました。

 

ポイントに入って数投目。かなり上でラインテンションがなくなったので、フォールでヒラゴ(ヒラマサの幼魚」でも来たかなとテンションをかけると、突然水平に猛ダッシュ。凄まじい勢いでラインが出て止まらない。マグロ?と判断し、同船者に声を掛けてルアーを回収してもらい、船で追ってもらうことにしました。

ライトタックルではありますが、秘境で釣りをするためメインラインのPEは1.2号。リーダーは20lbまで上げていました。ですが、一番心配したのはリーダー。歯に当たれば一瞬で切れるでしょうし、魚体に擦れ続けるとマズイ。とは言え、勝負をかけるわけにもいかず。長い長い一進一退の攻防が続く中、一瞬、魚が正体を見せました。

 

テイルウォークを見せたのはバショウカジキでした。姿を見た時、頭の中ではタイラバでカジキを釣った人っているのだろうか?と思い、どうしてもこの魚は獲りたくなりました。

 

一進一退の攻防は30分ほどで決着がつきました。たまたま船にギャフが積んであったことも幸いし、無事、ランディングに成功。2人ががりで引き上げたのは、全長2m50cm、21kgのバショウカジキでした。

 

最終のドラグ値は1.8kg、ロッドを終始曲げながらのファイトでしたから、ラインテンションは2kg以上になっていたと思います。

このファイトでいくつかの性能が信頼へ自信が確信に変わりました。

粘りあるブランクで負荷をかけ続け、徐々に体力を奪っていった「ビンビンスティックエクストロ BSXS-S66ML-TJ」の性能。高速遊泳を行うことで知られるカジキ類の中でも最も速く泳ぎ、水中最速と言われるバショカジキを相手にいたことで、その性能が信頼へと変わったのは言うまでもありません。ライトラインを使うタイラバでの釣り、ビンビンスティックエクストロが、ビッグフィッシュとのファイトをいなしながらランディングに持ち込むことができるという証明をすることができたのではないでしょうか。

また、このタックルセッティングでメーターオーバーのモンスター真鯛は間違いなく獲れると確信を持ちました。

参考までに今回使用したタックルです。

<ロッド>
ビンビンスティックエクストロ BSXS-S66ML-TJ

<リール>
シマノツインパワ-4000

<ライン>
メイン:PE1.2号
リーダー:20lb(5号)

<ルアー>
ビンビン玉TG80g
ビンビンワームトレーラー スルメデスS

よつあみシーハンター10号
がまかつサーベルポイントL

と、このバショウカジキに埋もれてしまいそうなのですが、実はこの後、ビンビンスティックVCM(BSC-70M-VCM)に、ビンビン玉TG80g、ビンビンワームトレーラー スルメデスMで89cmのモンスター真鯛が釣れました。通い始めて通算6枚目のハチマル。

秋からがモンスター真鯛本番、夢を狙いに「秘境へ」通います。