お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

タイジギングをよりシステマチックに。 ビンビンメタルTG TYPE-SLOWに注目

 

激流ぅー、爆流ぅぅぅううう♪ 鯛ラバ大好き、田中亜衣ですっ。

過去最長のゴールデンウィークもあっという間に過ぎましたね。 皆さま、令和フィッシュは釣られましたか?

 

真鯛のほうは、全国各地で差はあるものの産卵も徐々に終わり、いわゆるアフタースポーニングな状況が続いてます。 だから、少し気難しい状況も多いのですが、これから梅雨にかけてどんどん回復傾向になるため、初心者の方はこれからのシーズンが鯛釣りを始めるには良いんじゃないかな。 まだやったことのない方や、やろうかどうか迷っている方はチャンスですよぉ〜。

 

真鯛は産卵を終えると、体力を消耗しているので動きが鈍くなります。 とは言っても、少しでもエサを捕食して体力を回復したいのも事実で、アフタースポーニングの時期はアタリはあるけど乗らない等の声がよく聞かれますよね。 だけど、真鯛も必死に体力をつけようと採餌行動をとっています。

 

ここでこれからの時期に見逃せないのが「ベイトフィッシュ」 アタシのホームの紀淡海峡をはじめ、全国のさまざまなフィールドでも5月下旬ごろから梅雨入り前までの間にイワシが大挙してくる傾向にあります。 このイワシが真鯛の体力を回復させる一つの要因となるのです。 実際にホームでは、イワシの大群が大挙してくる前と後では真鯛のコンディションはガラッと変わります。 ノッコミの時期のような脂肪を蓄え、婚姻色で少し黒ずんだ魚体も、このタイミングを境に綺麗な色に戻ります。 イワシ等のベイトフィッシュは、真鯛の好むエサの中では、高カロリーな部類なのでそうなるんでしょうね。

 このベイトフィッシュがあなたのフィールドに大挙してきたら 「鯛ジギング」の出番です。 使い方は凄く簡単で鯛ラバのように”巻くだけ”です。 そして、アタリがあればすぐにフッキング! と、フッキングは鯛ラバと少し違いますが、これも鯛ジギングの楽しみかもね。

 

 昨シーズン発売となったビンビンメタルに続いてまもなく発売されるのが 「ビンビンメタル Type slow」 その最大の特徴は、名前どおり「ゆっくり誘える」ということです。 ビンビンメタルと比べType slowは少し重心を前にずらし、ボディーを全体的に薄く広げました。 そのためスローリトリーブでも水を掴み手元にジグの存在感を伝え、操作感を失うことはありません。 実際に使ってもらうとわかるのですが、リーリング時にロッドのディップからベリーにかかる重さがめちゃくちゃ心地よく潮の変化をサーチしやすく、水中の情報やジグ自体の動きも想像しやすいんです。

コンパクトなシルエットが特徴のビンビンメタル。スローリトリーブが得意のビンビンメタルType slow。 これから晩秋までのハイシーズンをこの2つのTGメタルジグを使い分けて鯛ジギングを楽しんでみてはいかがでしょうか。 それでは皆さま 良い釣りを。