お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

TGビンビン玉スライドヘッド・HEAVY WEIGHT

皆さん、こんにちは。
鯛ラバ大好き、田中亜衣です。

暖冬のせいか、今年は少し暖かくなるのが早いようで、海に出ても春めいた陽気の日が多くなってきましたね。
真鯛達も、お腹に黒い婚姻色が目立ち始め産卵に向け少しずつですが活性も上がって、そろそろ今シーズンも本格的に開幕って感じになってきました。

そしてこの度、ジャッカル・ビンビン玉シリーズは、皆さんにもっともっと楽しんでもらえるようにニューアイテム達が続々と登場します。

今回は、その中でもTG(タングステン)ビンビン玉スライドヘッドのヘビーウエイトモデルについて話してみようかと…

釣りの幅を拡げるヘビーウェイト

今までTGビンビン玉スライドヘッドの一番重たいヘッドは「イチコロ」の愛称で親しまれる156gだったのですが、2019年ニューアイテムとして195g234gを追加し、TGビンビン玉スライドヘッドのヘビーウエイトアイテムが更に充実のラインナップになりました。

これにより風や潮流などの気象条件の変化で鯛ラバが流されすぎて着底感を失うといったこともなくなり、また最近では150メートル以深を狙う海域も増えてきたので、TGビンビン玉スライドヘッドはディープドテラでは死角無しといった心強い味方になってくれます。

この2つのヘビーウエイトモデルは、なんと言ってもフォールスピードの速さ
着底感の良さから300メートル以上のラインを出して真鯛を狙うロングディスタンスで釣りが可能になったり、フォール時の水押しからできる波動の大きさから、遠くまでその存在感を放ってディープフラットに散在する真鯛へのアピールにも役立ちます。
また、風や潮流が速い状況ではヘビーウエイトであるがゆえのしっかりとしたフォールと着底感からラインキャパを超えるまでのターン数の多さをを稼ぐことができ、バイトチャンスを増やします。

アタシがよく行く日本海の舞鶴沖や玄界灘などはドテラでアプローチするとTG234gを使っても水深の3倍、4倍、それ以上のラインが出ることがあります。
そういう状況が稀ではないので、リールにはいつも600メートル以上のラインを巻いています。
また、そういう状況の日って釣果が良いことが多いですよねー。

例えば水深100メートルでTG234gを使うとしましょう。
ポイントに着いて釣り開始。
ファーストフォールで150メートル、水深の1.5倍のラインが出るといった状況はディープドテラでは普通にあることです。
次にリーリングで真鯛を誘い20メートルほど巻いた後、再びフォール。
次は160メートルと…
鯛ラバをリーリングして1ターンごとに10メートル出て行くといった事を繰り返していくのですが30ターンもすると350メートル出ることになります。
先ほど言った海域では、このような状況は珍しくありません。
もっと潮流が速くなったり風が強くなると、今言った2倍近くのラインがスルスルと出されることもありファーストフォールの後10ターンで400メートル以上出されることもあります。
まぁ、何度も言うけど、
こんな日はたくさん釣れるから、軽いヘッドしか持ってなかったら好釣果を逃すことになります。

要するに、その日の風と潮流の速さで使うウエイトが変わります。
先ほど例に出したような日もあれば、風も潮もゆっくりな日も…
もちろんそんな日は、156(イチコロ)やもっと軽いものを使うとゆっくりとですが船から鯛ラバを離すことができます。
離したから釣れるというわけじゃないですが、どれだけ離すか? その日のレートみたいなものが存在して、逸早くそのレートを見つけることもディープドテラの醍醐味かと…
そのためにも今回追加された234gと195gがあれば鬼に金棒な感じでディープドテラを楽しんでいただけると思います。

ディープドテラだけでない、ヘビーモデルの有効性

追加モデルのヘビーウエイトモデルには、他にも様々な使い方があります。

上潮と下潮が同調しやすい太平洋側のディープで潮速はあるのに風がなく、ほぼバーチカルにラインが出ている時なんかは156g(イチコロ)で十分な水深でも234gを使い釣りをします。
これは潮が走っていることで真鯛の活性が良いことが予想され、その中ではフォールスピードを上げてやるとBIG REDの確率がグーンと上がることが多いです。
活性の高い大型の真鯛ほど大きな波動を好み、フォールスピードの速さや真鯛を誘うリーリング時の波動の強さからそのようなことが起こっていると思います。

あと、フォールで鯛ラバにバイトした時に、軽いウエイトのヘッドはフックアップ後、すごくバレることがありますよね。
逆に重いヘッドでフォール中にバイトしてもボトムに向かってフォールするヘッドの重みで普段リーリングをして送り掛けするようにヘッドの重みで綺麗にフックアップし、オートマチックにフッキングをしてくれます。これによりキャッチ率もリーリング中とほとんど変わずに安心してファイトできます。

とまぁ、語るとキリがないのですが、ヘビーウエイトモデルの良さは、なんと言っても速いフォールスピード。
この性質を使ってワンランク上の鯛ラバゲームを味わってみてはいかがでしょうか。

製品ページと実釣動画ももうすぐ公開ですので、楽しみにしててくださいね!

それでは皆さま
良い釣りを♪