お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

JB TOP50第4戦 桧原湖(織田伸彦編)

こんにちは、レッドスプールフィールドスタッフの織田伸彦です。
9/9~9/11に福島県桧原湖で開催されましたTOP50第4戦をレポートさせていただきます。

前評判では厳しいと言われていた桧原湖。
プラクティスではそれなりに合わせられていたので自分は大丈夫と過信しているところがありました。
大会初日、8mぐらいのフラットエリアを魚探の映像を見ながら流していくとキーパーサイズをすぐに2匹キャッチ。いい流れでしたがその後は沈黙。
エリアを変えて探っていくとまた2匹。しかし後が続かずタイムアップで
初日2170g/4本で37位。
2日目も朝いちキーパーをキャッチしましたが、何かが違うままリズムが合わないまま大事なことに気づけず、総合49位で終わりました。
自分自身すっきりせずTOP50の翌週も数日桧原湖に出ました。
大会、プライベート共に今回はディープフラットをレッドスプール2lbで探り続けました。
目が良く音にも敏感と言われるスモールマウスバスに対して警戒心を最小限に抑えるため最細の2lbを使いました。
そして深いところでは太いラインより細いラインの方が直線的にあたりが取れ使い勝手がいいです。
細いと風や湖流に押されないので、ルアーにもバスにも違和感を与えず自然なアプローチができます。
レッドスプールは高強度でありながら一般的な同lbラインより直径が細いのが特徴です。
今回なら、2lbだけど一般的な2lbより更に細い、だけど強度が十分なので心配がない、そんな感覚です。いいとこどりですね。
レッドスプールは敏感なスモールマウスに総合的に最適なラインで、今回も深いレンジで的確な感度を持っていました。
これからの時期スモールはもちろん、リザーバーなど10mを越える水深での釣りに
レッドスプールの細い番手ライン是非使ってみてください!
使いやすさ扱いやすさの違いを感じていただけると思います。