お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

″ブレイクブレード″ チューニング方法の解説

みなさんこんにちわ、片岡壮士です!
今回は優勝した北浦戦で使用したブレイクブレードのチューニング方法を解説します。

チューニングモデルとは去年の北浦戦で準優勝した際にも使っていたのですが、
ブレイクブレード3/8ozのブレードを1/4ozのワンサイズ小さいもに取り換えたものです。
そうすることで、ノーマルの3/8ozよりも直進性を高め立ち上がりを早くすることが出来、
ノーマルの1/4ozよりも早く引いても浮き上がりにくくなります。
よって、着水点から1~2m間のチャンスゾーンを逃さないルアーになります。
北浦戦時のような岸際や葦際にキャストし、
そこからリールハンドル2、3回転の間がチャンスと言った釣り方にはベストマッチです!
 
さらに北浦のようにマッディな水系ではバスのミスバイトも多くなりますが、
それを極力減らすためにもこのチューニングが効果を発揮します。
それはイレギュラーアクション、いわゆる「千鳥アクション」を無くすことです!
千鳥アクションは時にはバイトを誘発するアクションとなるのですが、
濁った水系やハイスピードリーリングなどで
リアクションバイトさせている時などはミスバイトの原因にもなります。
今回の試合では葦や岸際に隠れているバスをハイスピードによるリアクションで釣っていたので立ち上がり、
直進性、ミスバイト削減などのメリットからこのチューニングモデルを使用しました。
 
このチューニングは北浦だけではなくあらゆるフィールドで炸裂する可能性を秘めたルアーですので是非、
ローテーションの1つに入れてみてはいかがでしょうか?