お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

新型シャッドテールワーム 「リズムウェーブ」


こんにちは、俺達。秦拓馬です。
間もなくデビューの新型シャッドテールワーム、
「リズムウェーブ」を持って実釣ロケに行ってきました。
 

フィッシングショーでお披露目されたモデルよりも、
各部のデザインを煮詰め、シャッドテールに求められる能力を極限まで高め、
色んなシチュエーションに対応できるシャッドテールへと進化しました。
泳がせてみた印象は強すぎず弱すぎずの絶妙なナチュラルアクション。
最弱アクションのアイシャッドテール、最強アクションのアンモナイトシャッド、
そのまさに中間といった感じに仕上がっております。

テールアクションはデッドスローに巻いても高速巻きでもアクションが破綻しにくい設計で、
言い換えるならば幅広い速度域できっちりと泳いでくれるワームに仕上がっております。
シャッドテールパターンといっても、その状況毎に使い分けてこそ!
透明度やバスのコンディション、ベイトの種類などによって、
ローテーションを組んであげると釣果を伸ばせるはずです。
 

さて、実釣ロケではリズムウェーブの様々な使い方でグッドサイズのバスを仕留めることが出来ました。
ウェイト付きフックとのコンボで広範囲の各レンジを探っていくようなオーソドックスな巻きパターンは勿論、
ノーシンカーで流れにドリフトさせたり、
凸凹ウィードのピンスポットでレスポンスの良いテールを活かしたブルっとアクションだったり、
橋が作り出すシェード狙いでは、ハリ持ち良いボディがフルスイングキャストを可能にしてくれたことで、
スキッピングでの長距離スイミングコースを作るのに一役買ってくれました。
 


オンエアされた際は、そのあたりも要チェックですよ!