お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

ターンオーバーにダガーテキサス!

こんにちは、俺達。秦拓馬でございます。
ダガーミノーのテキサスリグが絶好調ですねぇ!

今まさにターンオーバー真っ只中で、全国何処へ行っても泡々で水質は悪く、バスの活性も下がり気味。
そんな中で狙い目となるのは、シャローカバー、特に悪い水をブロックしてくれるウィード内部は絶好のスポットとなります。
デカいバスほど、濃いウィードに身を隠すように入り込んでいる状態で、
テキサスリグによるアプローチが有効になってきます。

null

とはいえ、低活性のバスに反応させるには、じっくり見せるアプローチが有効な場合と、
重めのシンカーによるリアクションバイトを誘発するようなアプローチが有効な場合があり、
それぞれを使い分ける必要があります。

後者のアプローチにダガーミノーがマッチしており、
シャッドテールによるフォール中の全身を使った強アピールが効果的です。

null

夏までは、スイミングフォールを意識して軽めのシンカーを使用していたダガーテキサス。
このターン期にはダガー5″で10g~14g、
ダガー3.5″で7g~10gとワンランク重いシンカーで素早くフォールさせる方法が最もバイト率を高める事が出来ます。
キモは着底するまで完全なフリーフォール状態にすること。
習得すれば、着底の瞬間に強烈なバイトがありますよ。
是非お試しあれ!!