お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

この春をフリックシェイクで釣り続けた理由

皆さんこんにちは、平村尚也です。
ジャッカルプロスタッフとなり始めての春を過ごしました。
3月にジャッカルの全アイテムをテストしてから、
スタートした今年のシーズンですが、琵琶湖南湖に適したもの、
そして自分の釣りに合うもの、合わないものを取捨選択していった結果が出たような気がします。
そこで気づいたのが、フリックシェイクの実力。
 

今回、4,8インチ、5.8、6.8のそれぞれのサイズを春のシーズンを通して使い続け、
「ダウンショットの4.8″」、「ネコリグの5.8″」というのが、基本路線になることを再確認しました。
 

ダウンショットはロングリーダーで、
ウィードエッジ部分のボトムにドロ藻が生えている場合に使用するのと、
ショートリーダーでリグを軽くし、ジグヘッドワッキーと同様の使い方をする2つのパターンがあります。
同じダウンショットですが、リーダーの長さを変えることで使うエリアを広げることが出来て、
条件の違うバス達を引き出すことが出来ます。
 

また、ネコリグには5.8″をメインに使用して浚渫のエッジ部分、
小さなウィードホールで使用します。
その中で感じるのは、フリックシェイクの基礎力の高さです。
これは釣れるワーム全般に言えるのですが、釣れるワームほどリグ応用範囲が広くなり、
どのリグでも、どの使い方でも釣れるという事です。
 

使えば使うほど、その太さ、曲がり具合、素材の硬さ、
マテリアルの良さなど本当に欠点のないワームとなっています。
フリックシェイクは、ジグヘッドワッキーでも釣れますが、
ダウンショット、ネコリグとリグでも最適なワームであり、
そのウェイトやリーダーなどを工夫することで、様々な状態に対応することが出来るのです。
春の3月から5月の長丁場では、何度も状況の変化は訪れています。
そのとき、ワームを変えて状況に対応しなくても、
リグやリーダー、ウェイトを変化させるだけで対応できたのです。
だから、私がこの春に使っているワームはフリックシェイクで変わらなかったのです