お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

秋の巻きテキサスパターン

皆さん、こんにちは!
JACKALLプロスタッフ・琵琶湖ガイドの柴田洋生です。

11月に入って、朝夕はかなり肌寒く水温は20℃以下にまで下がってきました。日中との気温差が激しくバス達の行動も読みにくい日があったりして秋の難しさを感じる日々。おまけに今年はウィードがほとんど無い状態で秋を迎え、バス達の居場所を探すのに一苦労する今の琵琶湖です。全体的に雨風から比較的プロテクトされている浅いところには残りウィードがまだ広がっている状況で、そういったエリアを固執せずタイミングを変えるなどしてテンポ良く探っていくのがベストとなっています!
そんなシビアな状況の中、マルシェガイドでは、
【 秋の巻きテキサスパターン 】をメインに展開。
単体のベイトフィッシュをイメージした強波動 “ リズムカーリー ”
ベイトフィッシュの群れをイメージした波動の集合体 “ シザード ”


 
この2つをテキサスシンカー5g・7gで使い分け、その場所のウィードの高さやベイトフィッシュの量で変えてあげる事でより効果的にアピールしています。ボトムまでは完全なるフリーフォール。そこからウィードに当てながらゆっくりと巻いてくるだけ。
コンコンバイトは気にせずにそのまま巻き続け、押さえ込まれたら糸のたるみをすべて巻き取りフルフッキング!!

【 秋の巻きテキサスパターン 】琵琶湖ならではの釣りに大興奮は間違いなしですよ ♪