お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

おススメ秋の陸っぱりルアー・スピナーベイト

こんにちは、BPMイメージリーダーの馬場拓也です。
いよいよ秋という涼しい日々になってまいりましたね!
霞水系陸っぱりの秋のイチオシマキモノは、スピナーベイトです!

まずメリットとしてあげられるのが、
上向きのシングルフックが根掛かりを最小限に抑えてくれる!
フラッシングと波動、
ラバーのシルエット変化etc
とにかく広範囲から魚を呼べるアピール力が魅力的な秋の散った魚を釣る上で好都合な特性が詰め込んであるルアーです。
この時期、特に僕がメインで愛用しているスピナーベイトが「スーパーイラプションJr.」
スタンダード且つ高性能。使いやすいスピナーベイトです。

ヘッド下部の膨らみを見てもらうとわかるように、低重心構造となっているので着水時やストラクチャーコンタクト時に立ち上がりの早いスピナーベイトとなります。
春も秋も僕の使い方の基本となる、ボトムにゴツゴツしながらスローに巻く。という釣りに最適といえる構造です。
バスがスピナーベイトにバイトするタイミングって、物に当たって抜けてスピナーベイトが横になってしまうような時がとにかく多いので、フッキングミスも起こりやすいんですよ。
そういった時に立ち上がりの早いスピナーベイトというのは、すぐに元の姿勢に戻りますから確実にフックアップ率が上がるんです。

そして水の動きの少ないエリアや、低水温に近付きクリアアップしていくタイミングで出番が多くなるのが「DOOON」です。

ダブルウィローの中でも特に巻き抵抗の少ないスピナーベイトです。
巻いてて疲れないし速く引くこともできるので、今までスピナーベイトで獲れていなかった魚が獲れるようになります。
そして特徴的なのがヘッドにある耳のような形をしたフィンです。
ブレードの浮き上がりに対して、逆らう力を生むフィンのお陰で一定層をキープして引くことがとてもやりやすくなります。
バジングやガーグリングなどの表層系アプローチの際に、ブレードが水面から出てしまってもヘッドについているフィンのお陰でバランスを崩しにくくなっています。

二つのスピナーベイトの使い分け

スーパーイラプションjrの波動がクランクベイトだとすると、DOOONの波動はミノーに近いです。
なので、その場の風の当たり具合や水の動き具合、濁り具合、や魚の活性で強くしたり弱くしたり、その二種の中でカラーをローテーションしたりしています。
先日の釣行を動画にしてみましたので、是非次の釣行の際の参考にしていただければと思います。

BABATube 秋のマキモノ!スピナーベイト編


そして!
スピナーベイトの小ネタです。
ローテーションしていく上で直結びが面倒なので僕はスナップを使用しています。
ただスナップを付けただけだとあっちこっちに動いてしまい、ワイヤーを変形させたり破損につながるのでオススメしません。
僕は細めの釣り糸を使ってアイの部分を縛ってスナップ止めを作っています。
(抵抗の少ない4lbくらいがオススメ)
コレで細かいカラーチェンジやウエイトローテーションが容易になります。

皆様も是非、今が旬な秋のスピナーベイト攻めを霞水系でお楽しみいただければと思います。