お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

ノッキンジョー・ババタクカラー誕生

JACKALLプロスタッフの馬場拓也です。
今回皆様に御紹介したいのはメタルバイブ「ノッキンジョー」のババタクカラーです。
晩秋、冬、早春と活躍するメタルバイブは、低水温期のマストアイテム。
その中でも「ノッキンジョー」はタダ巻きに特化しつつもリフト&フォールでも実績の高い万能メタルバイブなのです。
「ババタク明滅レーザー」

ダウズビドーやソウルシャッドにもラインナップされているこちらのカラーは、フラッシング系の中でも特に強い光り方をしてくれるレーザーシートを採用し、角度によって七色に光ります。
個人的にこのレーザーホロシートはワカサギパターンにおいて、特に実績の高い光り物となります。
メタルのカラーローテーションの基準として欠かせない光り物。
背中のパープルとお腹のチャートの強いコントラストにより、アクション時に明滅効果が期待できます。
僕の出し所としてはバスがベイトを強く意識している時、まだ動けている晩秋や、これから動き出す早春に特に使用頻度が高いです。
なので「ババタク明滅レーザー」は、強い光り物として、皆様のカラーローテーションの一つに加えていただければと思います。
「ババタクホワイトクロー」

ババタク護岸クローが誕生した時から、少しづつイメージを膨らましていた膨張色バージョンの護岸クローです。
メタルのカラーローテーションで欠かせない膨張色。
出し所としてはバスの意識が朦朧とする1月2月などの最低水温期
光量によっては明滅効果が高すぎるとミスバイトを起こす時があります。
なのでアクション時もフォール時も、バスが見逃さないカラーを意識して使っていきます。
勿論、水が濁っている時なんかも有効です。
パープルバックチャートベリーの、白ベースのカラーですが、光の当たる角度によって表面のブルーパールの塗装が怪しく光ります。

写真なので伝わりにくいかと思いますが、角度によって青く光っているのわかりますか?
晴れか曇りか、水が澄んでいるか濁っているかなど、条件によって反応が変わりますのでとにかく大切なのはローテーションさせてその日その時の正解のカラーを見つける事。 「ババタクホワイトクロー」を新たな膨張色のレパートリーの一員として、皆様のカラーローテーションの一つに加えていただければと思います。