お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

極秘裏に開発が進められていた“西村ワーム″

皆さん、こんにちは。ジャッカルプロスタッフの西村嘉高です。
前回のコラムでも少し触れました開発中のルアーをついに公開したいと思います。

開発ネームは“西村ワーム”

見た目にもお分かり頂けるかと思いますが、フラットボディと巨大なレッグが合体した、まったく今までになかったタイプのクローワームに仕上がっています。
こいつのキモはズバリ、“強いスライドフォール&倒れこみ”にあります。
ただ単にストンと落ちるのではなく、ボディフラット面が水の抵抗を受けながらイレギュラーにスライドフォールします。まるで、ギルやザリガニがカバーに逃げ込むかのように・・・ボディフラット面が水の抵抗を受け、水平に近いスライドフォールをしながら後部の巨大レッグを引っ張るといったフォール時から新しいこだわりがあります。

そして、着底すれば大きなレッグが“バイーン”と揺れた後、水を掻きわけながらゆったりと倒れこみます。着底してからも生命感あふれるアピールを続けるのです。フォール~着底の一連の動作の中に、アングラーが操作せずともしっかりとアピールするギミックをふんだんに盛り込んだのです。
つまりフォール中にバスを追尾させながらバイトさせることが出来る
アクション&動きについてはJACKALLSTATION内の動画公開を予定してますので、そちらでさらに詳しく解説したいと思います。

全国各地で釣れる万能クローワーム

紹介したギミックは、投げてフォール&1~2アクションの少ないモーションの中でバスに多くのバイトチャンスを与えるので、私のホームグラウンドである利根川水系や霞水系の広大なエリアでも効率よくカバーを攻め続けられます。

もちろんこのアクションは霞水系や利根川水系のみならず、全国のカバーゲームでお使いいただけます。
現に、琵琶湖や亀山ダム、野池などでも実績ありです。
琵琶湖の実力派プロガイド平村プロや、亀山ダムのロコアングラー、川島プロまで実際に使用いただき、好感触を得ていただいているようです。
横浜フィッシングショーにプロトタイプが完成して、冬〜初春にかけてテストを繰り返してきましたこの西村ワーム。

現在最終調整中で今秋の発売を予定しているアイテムです。
完成間近の西村クロー、ぜひご期待ください!