お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

JBマスターズ第2戦三瀬谷ダム(樋口祐太朗)

皆さんこんにちは。フィールドスタッフの樋口祐太朗です。
今年度から出場しているJBマスターズ第2戦が三重県三瀬谷ダムで行われました。
この三瀬谷ダムはエンジンの使用が禁止されており、シリーズ唯一のエレキ戦となります。
ダムの規模自体は決して小さくはない為、試合プランをしっかりと組み立てる必要があります。
その上100人以上が出場している試合の為、プレッシャーやエリアバッティングなども考えてながら釣りを組み立てる必要があります。
とはいえ、今回の試合は過去に例を見ない程のタフコンディション。
その上、練習時間も十分に確保できなかったため、明確なプランなどありませんでした。
4月中旬の開催ということで、狙ったのは各クリークの入り口の張り出しやカバー。
プレッシャーも考慮しカバー撃ちでテキサスリグではなく、フリックシェイク5インチの1/13ozネコリグを使用。

そしてラインは、レッドスプール10lbセッティングの心強いタックルでフル満水の三瀬谷ダムのカバー群を撃っていきました。
しかし予想が外れカバーは不発。
初日は1バイトあったかな?という感じでノーフィッシュ帰着となりました。
2日目も朝からカバーを攻めてみますが全くの無反応。
昼前の水温の上がったタイミングでふと気になったクリーク最奥まで入ってみると複数匹バスの姿を確認。
そのうちの1本をシザーコーム3.2インチのネコリグで仕留めることに成功。

その後も各クリークを周り、姿を確認することはできましたが中々口を使わすことはできず、1本で帰着となりました。
2日目は初日以上のタフコンディションで1本570gながら単日7位、総合14位で第2戦を終えました。

初戦の河口湖戦に引き続き、またも釣れない試合となった今大会。なんとか1本獲ることができたためまだ年間上位は狙います。クラシック出場を目指し後半戦もしっかり釣っていきたいと思いますので応援よろしくお願い致します!