お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

梅雨を楽しむ。アフタースポーンのトップウォーターゲーム

皆さんこんにちは、早野剛史です。

 

今春は外出を控え、釣りに行けない日々が続いてモヤモヤしている方も少なくないと思いますが、今回はアフタースポーンのタイミングで効果的なトップウォーターゲームについて解説いたします。

 

アフタースポーン(産卵後)に体力を回復したバスに実績のあるトップウォーターですが、ペンシルベイトやポッパー、スイッシャーにバズベイト、ノイジーなど様々な種類があります。個人的な使い分けは高活性で広い範囲を巻きでカバーするときはポンパドールやポンパドールJrなどのノイジーをつかったり、産卵直後でスローな動きに反応が偏りやすいタイミングではビンクシーやSK-POPグランデなどのポッパーを使用することが多くなります。

ポンパドールシリーズは、いわゆる羽根物呼ばれるノイジーの中でも早めのリトリーブに対応できるタイプですので、投げて巻くという動作を繰り返し広い範囲を探ります。

 

一方ポッパーは、操作法も簡単でゆっくりと止めながら誘えるので使いやすいルアーのひとつ。その中でもビンクシーとSK-POPグランデを特徴に合わせた使い分けをしています。

まず、ビンクシーは、浮き姿勢がSK-POPグランデより若干立ち気味で、止めている状態でのカップ部分の喫水が高い為アクションしてすぐの水噛みが良くネチネチと誘う首振りアクションも得意です。また、プロップとブレードの装備品が付いていることでプラスアルファのアピールをするので、ただ巻きでもブレードを回転させて使うなどアクションの幅が広いといえるでしょう。

 

 ネチネチとワンスポットで誘いたい時やブレードやプロップのアピールが欲しい時がオススメで。具体的には、アフタースポーンの初期にこういったノイズが発生するトップが効果を発揮する状況があります。また、フィールドによっては手長エビ等がこれから湧いてくる季節でもありますがエビ食いのバスにはプロップの音や水の飛沫が効いたりするので、そのような状況があれば投入してみると、今までと違った反応が帰ってくるかもしれません。

 

SK-POPグランデは、ベーシックな水平浮きタイプのポッパーでアピールの大きいポッピング音が出しやすいのが特徴です。立ち浮き気味のポッパーと違い、ワンスポットをネチネチ誘うよりは広範囲はフラットエリアやストラクチャーが広範囲にあるスポットから魚を誘い出す使い方が良いでしょう。

 

特性を踏まえて、ポップ音やアクションを活かして1か所で誘いたいのか?アピール力で使い分けるのか?といった、使い方や魚の反応で使い分けてみてください。

 使い方は、基本2ポップ/1ストップで、アクションの後に1〜2秒ステイの繰り返しが基本です。産卵後直後の魚はスローな事が多いのでアクション時に意識してみてください。カラーはホームグラウンドの霞ヶ浦水系は透明度の低い水色でもシルエットがはっきりするブラック系やパール系を多用しています。

 

 投げるタイミングは、朝夕はもちろん、ローライトで風が強すぎない日やエリア。また、水温が上がった午後の夕方や晴れた日のシェードも非常に6月前後のタイミングは有効です。

ポッパー&ポンパドールJr 用タックル

ロッド:ポイズンアドレナ166ML-2ピース

リール:アルデバランMGL 31HG 

ライン:ナイロンライン12~16ポンド

ポンパドール(オリジナル)タックル

ロッド:ポイズングロリアス168M-LM or 170M-G

リール:メタニウム(ノーマルギア)

ライン:レッドスプール 14〜16ポンド

これからが旬になってくるトップウォーターゲームで、エキサイティングなバスフィッシングを楽しみましょう!

早野剛史 / HAYANO GUIDE SERVICE 公式 WEBサイト

https://takeshihayano.com/

早野剛史 /公式 ブログ

https://takeshihayano.com/blog/