お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

あなたのオカッパリの巻物ゲームを楽しくする、ブロックリッパー&BPM Newモデル

   
こんにちは、JACKALLプロスタッフの馬場拓也です。
 
今回は新作「ブロックリッパー」についてご紹介します。
 

「Bクランク」の名前でフィッシングショーの展示や、フィールドテストを繰り返してきたこのルアーに、
遂に「ブロックリッパー」という素敵な名前が付きました。
 
特徴としては、控え目な細かな波動でナチュラルに誘えるクランクベイト。
ハイプレッシャーフィールドの霞水系では、クランクのようなサーチベイトを使う上でも
アピール力だけでは口を使わせられないタイミングが多々あります。
しかし、障害物を回避するなどのクランクベイトのメリットはどうしても残したかったので、
動きや波動をナチュラル化した「ブロックリッパー」が生まれたのです。
 
 
テスト段階では真冬のフィールドでもキッチリと魚に反応させる事ができる事を証明しました。
ここちらは12月のテストでキャッチした霞水系の冬バスです。
このようにタフコンディションでも口を使わせられるクランクベイトの登場で、
多くのタイミングで効率の良いマキモノの釣りが展開できるようになります。
 
まず、今までそのようなタイミングでは小型のシャッド系ハードルアーを使っていましたが、
アクションは申し分ないものの使用するライトパワーのロッドや軽量ルアーでも回転が優れるリールなど
タックルを選ぶ必要がありましたが、「ブロックリッパー」なら今までシャッドで狙っていた魚を
クランクベイトで反応させる事が可能になったのです。
さらに霞水系で使う上で絶対的要素である「ストラクチャー回避能力」も定評のあったDビルシャッドやマッシュボブと同じ、ダックビル形状のリップを採用したことでストラクチャーを乗り越えるスイムバランスが格段に向上し回避力がアップしました。
 
ストラクチャーに接触した後にバイトチャンスが訪れる事が多いので、
何かに接触したただけでバランスを崩してしまうとバイトが減ってしまうのは、
過去の経験からの回答でした。
 
そして、マグネット式重心移動システム搭載により飛距離が出しやすいのはもちろん、
狙ったスポットへ真っ直ぐな軌道で飛んでいく安定した飛行姿勢を実現。
なのでカバー周りでピンスポットへとルアーを送り込んでいくシビアな釣りにも高次元で対応してくれます。
 
そんな「ブロックリッパー」の登場で、ハイプレッシャー陸っぱりフィールドである霞水系でのハードベイトゲームは更に面白くなります。
そしてタックルはブロックリッパーと同時発売予定の”BPM BC66ML-G”をオススメします。
 
小型クランクからチャブル80クラスの中型クランク、
さらにもう少し大きなバルキーサイズまで賄える、バーサタイルクランキングロッドです。
グラスロッドのデメリットでもあった重さやダルさを徹底的に排除し、
誰でも使いやすいグラスコンポジットロッドをテーマに作られた1本です。
カラーも今までとは違いパーツも全て真っ黒。
シックなデザインの上、合わせるリールを選ばないのもこのカラーリングの魅力です。
今年からマキモノに力を入れていきたいアングラーにも、マキモノ通なアングラーにも喜んでもらえる、
そんな新製品に仕上がっておりますのでご期待ください!