NEXT STAGE RISER BAIT

2018 NEXT STAGE "TYPE P"

ジャッカルソルトチームの嶋田仁正プロからのアイデアから誕生した、シンキングボディなのにサーフェスルアーという画期的な構造で、全魚種対応ハードベイトという形で2017年デビューした「RISER BAIT (ライザーベイト)」

ライザーリップを搭載するこことで、巻くと急浮上する。そのおかけで、サーフェイスルアーでありながらウェイトを軽くする必要がなく、従来のサーフェイス系ルアーではなし得なかった抜群の飛距離を獲得することができたのだ。

2018年ライザーベイトを進化させた"TYPE P" が登場。

TYPE Pとは、従来のライザーリップによる急浮上性能に加え、風や波に負けないアピール力を獲得したポッパータイプである。


"NEXT" RISER BAIT 008P


バスをターゲットにした008P。水を攪拌し泡とサウンドを身に纏うポッパー形状。張り出したベリーにより、オイカワやアユなどの中型ベイトにマッチする。水面を逃げ惑う機敏な動きと、スプラッシュ音で広範囲にアピールする。

NEXT RISER BAIT 015P


ソルトウォーターでの使用を想定された015P。ヒラマサやブリに代表される大型青物、さらには誰もが憧れるマグロさえもターゲットにしてしまうビッグゲームに対応する。もちろん船からだけでなく陸からのキャスティングにも有効。激しい潮の流れや波風に負けずにしっかりと泳ぎきりアピールするハイバランスなビッグプラグに仕上がっている。

ライザーベイトTYPE-Pはまだ開発途中であり、画像は全てプロトタイプとなっている。ここからさらにトライアンドエラーを繰り返し完成度を高めて行くこととなる。新たなライザーベイトTYPE-Pの登場に期待して頂きたい。



RISER BAITラインナップ


RISER BAIT 007R


ブラックバスをターゲットにした007R。河川やリザーバーなどで、ボイルが多発するような状況で有効。水面で小魚が逃げ惑うようなアクションとリアルフォルムでセレクティブなバスにも口を使わせる。

RISER BAIT 008


008はショアからのシーバス、小型中型回遊魚がメインターゲット。遠浅の河川、干潟などシャローでのシーバスゲームから、イナッコやイワシなどベイトのボイル打ちも得意としている。おかっぱりからサワラやブリの幼魚(イナダ・ハマチなど)を狙う際にも有効。

RISER BAIT 004


ショアから狙うメバルや小型回遊魚がターゲットなのが004。遠投できるためライズがあちこちで起こる状況でも広範囲に効率よく探ることができます。リトリーブスピードやロッドワークでトップから水面下までレンジコントロールしやすいのも特徴。


これら3つのRISER BAITと、新たに加わるTYPE-P。
全魚種対応、新機軸ハードベイト「RISER BAIT(ライザーベイト)」の進化は続く。