心を満たす最高の体験を。

釣りに心を奪われた瞬間




僕自身が初めて釣りをしたのは幼稚園に上がるか上がらないかの頃。 父が釣り好きで、たぶん御殿場か大井松田の近くのマスの管理釣り場だったと思うのですが、そこで釣りをしている写真が実家にあって、その時の記憶は今でも薄っすらと残っています。 竹竿から伝わる魚の感触には本当に心を奪われました。 

 


以来、初めのうちは父に連れられて釣りに行っていたものが、いつしか自分の意思で釣りに行くようになり、たくさんの釣り仲間とともに素晴らしい体験をして、今ではプロアングラーとして活動、さらには釣り具メーカーを経営するなど、気が付けば僕の人生そのものが「釣り」となっています。


「想い」が詰まったジャッカル製品 


ジャッカルの製品を一言で表すなら、「釣り人の想い」がいっぱいに詰まった製品だということです。「もっと大きな魚を釣りたい」とか、「もっと楽しく釣りたい」など、開発スタッフや、契約プロたちの熱い想いや夢が徹底的に詰め込まれています。


釣りでしか得ることのできない特別な体験を。

社会がどんどん成熟していくにつれ、人びとはその人生に、より高い「質=クオリティー」を強く求めるようになってきています。 家族や友人たちとの楽しいひとときや、自然の中でしか味わうことのできない癒しの時間など、お金では絶対に買えない普遍的価値みたいなものを今の人々は強烈に求めていて、まさに釣りはそんなニーズにピッタリじゃないかと思うのです。