TIMON(TROUT) TOP > STAFF BLOG > 杉山代悟ブログ > 開発中のタテスプーンについての途中経過報告。

杉山代悟ブログ

開発中のタテスプーンについての途中経過報告。

2013年11月01日

ルアー


今開発中のタテスプーンについての途中経過報告です。

現在、「より釣れる」をテーマに様々な試行錯誤をしていますが、

主に手を加えてる所はフォールスピードです。

2タイプを考えています。

 

1.素材をアルミにしスローに落ちていくもの。

2.二つ目はスプーン本来の素材である真鍮にし、早く落ちるものです。

 

縦の釣りはフォールでの釣りが主になるためなる為、

このスプーンのフォールスピードが重要になるのです。

僕の理想はこの2タイプからもう少し幅を広げ、アルミタイプは水平に動かず落ちる物、

真鍮タイプはゆらゆらと軽くロールしながら落ちていくという二つのタイプに分けようと考えております。

日によって、揺れなから落ちていくのがいい日と動かずに落ちる物がいい日とあるからです。

 

・フッキング

タテの釣りはアタリが多いものの、フッキングミスが多い釣りです。

その中でも僕が考えているスプーンは、

フッキングミス限りなくゼロに近づける用な設計を考えています。

そのためにはスプーンの内側にフックが乗る溝を作ることです。

この溝を入れることでフォール時にフックがその溝に入り固定しながら落ちていくと言うことを考えました。

又、リアフック時にもフックが決まるようにも考えています。

 

・フォール姿勢

リール、ライン、ロッドをたどってルアーが落ちているためスプーンにはかなりの抵抗が掛かっています。

更にPEラインを使用するため落ちていく時どうしてもスプーンが斜めになりながら落ちてしまうのです。

斜めになると魚の悔いが激減してしまうため、出来る限りスプーンを水平に落ちる設計にします。

 

この全ての事を詰め込んだタテスプーンを作るのは相当難しく時間がかかりますが出来る限り

最強のタテスプーンを作っていきたいと思います。

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ