TIMON(TROUT) TOP > STAFF BLOG > 杉山代悟ブログ > ウィンズトラウトコンペinフィッシングリゾートジュネス 参戦記

杉山代悟ブログ

ウィンズトラウトコンペinフィッシングリゾートジュネス 参戦記

2008年01月28日

その他


 プロショップウィンズの大会に参加してきました。「参加人数39名」思ったより少ない参加人数でしたが、大阪など各地からエキスパートの方達が集まっての大会になりました。エキスパートの方達が参加しての大会なので、絶対この大会で勝ちたいと思っていました。ジュネスの大会は、どのような釣り方で、どんな場所で釣れるかは、なんとなく予想が付くので、ぶっつけ本番で挑みました。

大会ルールはスティックやここのエリアで禁止されているレギュレーションです。大会時間は2時間。

ここジュネスはクリアーウォーターで「風が吹く」と活性が上がるエリアです。

大会当日は全くといって無風状態。。。渋くなると予想していましたが、渋くなるといってもせめて時速20匹、合計40匹前後が優勝ラインだと思っていました。

くじの番号があとのほうだったので、入りたい場所に入れるか心配でしたが、アウトレット側に入ることができ、最初からボトムで攻めて行きました。

ボトムの釣りは僕がもっとも得意としている釣りなので、勝てる自信がありました。

1.5gの茶色のスプーンにe-hook#8をフロントフックにして付けました。

最初から2分に1本くらいのペースで釣っていましたが、今日の魚はいつもと違い、ヒットしてからグルグル回るような暴れ方だったので、バラシが多くなっていました。

バラシを減らすためドラグを締めて、魚を暴れさせず、一気に巻き上げネットインさせるよう心掛けました。

それからは極端なバラシが少なくなりました。

ルアーカラーは茶色系のダーク色を基本に、カラーローテーションを心がけたり、デジ巻きに時々アクションを加え魚にスレさせないよう数を増やしていきました。そして終了!

 瀧澤さんは「60匹だよ」と言っていました。今のところダントツ1位。さあ僕の検量です。1,2...と数えていきます。

50,51...「よし」50匹は超えたぞ。

59,60,61...「よっしゃ~優勝だ!」

結果は65本で優勝でした。

そして瀧澤さんが2位。

初めての優勝なので、すごく嬉しかったです。

【今回心掛けたこと】

1.フロントフックにe-hookを使用したこと

2.カラーローテーションを心掛けた

3.時々イレギュラーなアクションを加えた

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ