TIMON(TROUT) TOP > STAFF BLOG > 杉山代悟ブログ > エキスパート戦 抱負

杉山代悟ブログ

エキスパート戦 抱負

2011年02月08日

その他


 3月からスタートするエキスパート戦に向けて・・・

2010年トラウトキング選手権エキスパート部門を振り返ってみました。去年はこれまでにはなかった最高ポイントで総合優勝(マイスター)を取ることが出来ました。

自分が目標としているマイスターは3年前に達成できましたが、それからまた新しい目標が出来ました。それは2年連続総合優勝です。

2年前、マイスターというプレッシャーも抱えながら挑んだのですが、この目標には何も近づくことが出来ず、総合5位という結果に終わってしまいました。

自分の甘さが分かった大会でした。この悔しさをばねにして挑んだ去年のエキスパート戦、初めてのロデオフィッシュ・・・少し自分の中で不安はあった。

 初戦はいつもの千早川からのスタート。苦手なところではないが前日の冷たい雨によって池には濁りが入りサイトフィッシングが出来なかったがプラのときに反応の良かったミノーイングと中層スプーニングがはまり優勝することが出来た。この優勝は今まであった不安を和らげてくれました。

2戦目は柿田川、3位。なにもパターンは見つけてなかったが、自分を信じ、絶対負けないという気合で勝てた大会でした。

最終戦、ロデオフィッシュ。ここで負けてもマイスターにはなれるのですが、絶対に勝ちたい、表彰台に立ちたいという気持ちで臨んだ大会でした。 なぜかというと、ここで勝って3戦連続表彰台の記録を作りたかったからです。

この気持ちが功を奏して、気がついた時には準決勝まで勝ち上がっていました。

 準決勝は気持ちと経験にかけたが、負けてしまい、3位決定戦も一本差まで追い上げるも、後一歩及ばず負けてしまいました。しかし、結果は記録に残るポイントで総合優勝(マイスター)を取ることが出来ました。

素直に嬉しかったです。

そして今回、新たな目標が出来ました。それはまだ、誰もが達成したことのない、3戦連続表彰台に乗ることです。

そのためには色々な釣りをしなければならない。スプーンはもちろん、クランクやミノーだってある。去年の千早は軽量スプーンの中層引き、ロデオフィッシュは重たいスプーンの表層引きがパターンだったように。

去年同じくマイスターを取った福田選手もリトリーブオンリーでマイスターになった。この1年間いろいろ練習してきたが、その中でも力を入れてやってきた釣りがスプーンのリトリーブ。この練習の成果を今回のエキスパート戦に出せるように頑張りたいと思っています。

 カラーローテーションは特に自分の中で重要になるため、只今スプーンを塗装して、3月から始まるエキスパート戦に向けて着々と準備しています。

3戦連続表彰台に乗るには技術や運もあると思いますが、それ以上に皆さんの応援が後押しになりますので、皆さん応援よろしくお願いします。

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ