TIMON(TROUT) TOP > STAFF BLOG > 杉山代悟ブログ > 渓流レポート

杉山代悟ブログ

渓流レポート

2012年08月21日

ルアー


皆さんこんにちは。杉山代悟です。

本格的な夏になり管釣りも休業しているところがほとんどですね…。
管釣りも行けないし、海も荒れてて出れないし、久々に渓流でもいこーか。という話になり長野県の川に行ってきました!
長野県からバスに乗って1時間。家からポイントに着いたのが5時間…。なかなか長い道のりです。

ここ最近調子の良さそうな渓流ですが、最近雨も降ってないし、どうなのか…。
30分ほど歩き下ってそこから釣り上がります。

まずは渓流で定番のトリコロール55HW。
見やすいピンク系を着け瀬から淵、早いトゥイッチからゆっくりトゥイッチ。いろいろ試してみます。

やはり岩魚狙いなので瀬には出てきて居ないようで、ある程度深さのある淵。もっと言うと大きな岩の抉れに魚がよくたまっている事がわかりました!
その場所にうまくトレース出来るように少し上流側にキャストしポイントに入るまで早めのトゥイッチ。
抉れに入ってからは魚を誘い出す様にロッドを立てにシャクル様なミノーの動かし方でヒット連発。
少し流れの早いポイントだとミノーが浮き上がってしまうのでそうしたらお腹にウェイトをはればOKです。
渓流での一級ポイント堰堤では10センチ~尺を有に超す大型の岩魚が何匹も追っかけてきますがいまいちヒットさせることができません。
魚が少し沈んでいることがわかったので5gのスプーンで床まで落としねちねちとシェイクさせると良く食ってきます!
浅いポイントでは、ミノー。淵などの深いポイントではスプーンと使い分けると釣果が伸びます。

今回は10匹ほど岩魚を釣って終了となりましたが、渓流はこれからがいい時期となりますので、みなさんもトリコロールをもって一度渓流に行ってみてはいかがでしょうか?夏場の渓流は涼しくてきもちいいですよ!
それではまた。

  

  

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ