TIMON(TROUT) TOP > STAFF BLOG > 杉山代悟ブログ > パニクラDR ハイフロートの使い方

杉山代悟ブログ

パニクラDR ハイフロートの使い方

2012年09月27日

ルアー


こんにちは。杉山代悟です。

パニクラDRハイフロートの動き、狙い目はだいたい皆さんわかってくれましたか?

次は使い方です。今までのパニクラDRの使い方とすれば、ディープレンジのリトリーブ。
ボトムノック、パニクラの自慢てある、飛距離を出し、沖の巻き始めで狙う表層~中層魚など…あのロングリップであれだけの重量があるのでやはり狙い目としたら中層からボトムの魚を狙うのが効果的だったパニクラDRです。

ですがパニクラDRハイフロートはロングリップで浮力を増しているのでっくりとしたフォブリングの動きを出すことができます。
なので普通のリトリーブで巻いても表層をレンジキープして引くことができるので表層に魚が溜まってる時、中層にいて上を向いている時、ゆっくりな動きにしか反応しないときに良く効きます。

狙い目として、表層のスローリトリーブの他に、パニクラの得意としている、ボトムノックがありますが、ハイフロートだからボトムできないという訳ではありません。浅目のエリアならもちろんボトムできます。
しかもリアクションで食わせるボトムノックの釣りにはハイフロートの様な大きめの動きでノックさせてあげるとよりスイッチが入りやすくなり爆釣間違いなしになるわけです。なので浅いエリアでボトムノックさせたいなら断然、パニクラDRハイフロートの方が言い訳です。
他にも超デットリトリーブで水面に波紋を立てながら引いてきたりもできます。

今回で言いたいのはハイフロートだからだといって表層に的を絞らずにいろんな使い方でできる!と言うことを皆さんに言いたいと思いレポートを書かせていただきました!

これから秋にかけて魚は食べ物をたくさん補給したいので虫などを食べに、朝方や夕方は表層が熱いはずです。そんなときにパニクラDRハイフロートを投げれば入れ食い間違いなしです!
皆さん秋の夕方にパニクラDRハイフロート使ってみてはいかがですか?

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ