TIMON(TROUT) TOP > STAFF BLOG > 杉山代悟ブログ > T-connectionのデザインについて(グリップ編)

杉山代悟ブログ

T-connectionのデザインについて(グリップ編)

2016年08月08日

T-connection


こんにちは。杉山代悟です。

発売を控えている「T-connection」のデザインについてこだわった点をお伝えできればと思います。

ロッドはアクションや振った感じ、調子などの実釣性能ももちろん大事ですが、
愛用する上で、デザインも外せない要素ですよね。

第一印象でかっこいい、と皆さんを魅了するようなロッドのデザインを目指してT-connectionを作りました。

ロッドで一番目立つのはグリップ周りです。

僕なりに考えがあり、
T-connectionは今までのトラウトロッドではあまり使われていなかったセパレート式グリップを採用しました。

何故セパレート式グリップにしたか、、、

まず、見た目で、今までに無かったロッドにしたかったからです。

パッと見てT-connectionだ!!とわかるようなデザインにしたかったからです。

バスフィッシングはセパレート式グリップの物が多く、ストレートよりもセパレートの方が見た目が好き、
とかセパレートの方が使いやすいという人が多いのではないでしょうか?

夏はバス、冬にトラウトをはじめてみたい。そんな人にも抵抗なくこのT-connectionを選んでもらえるかと思います。

また、セパレートにすれば、ストレートよりもコルク部分が減りますのでその分軽くなりますよね。

このセパレート式グリップを採用した為に全機種自重60g台という軽さを実現出来ました。

その結果、軽く、バランスよく、疲れにくいロッドに仕上げることができたのです。

 

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ