TIMON(TROUT) TOP > STAFF BLOG > 杉山代悟ブログ > 毎年のパターンと攻略法について

杉山代悟ブログ

毎年のパターンと攻略法について

2015年11月13日

ルアー


皆さんこんにちは。杉山代悟です。

今週の日曜日はティモンカップですね。
毎年、この時期に開催されるティモンカップin瑞浪フィッシングパークですが、
去年、準優勝した僕から、毎年のパターンと攻略法を皆さんに少しだけ教えしたいと思います。
毎年同じ時期に開催されていることもあり、池のコンディションは毎年ほとんど同じです。

瑞浪といえばマッディウォーターでマイクロスプーンを使った中層巻きがよく釣れるイメージですが、
今年もおそらくそのパターン。マイクロスプーンの中層巻きがパターンに、なってくるかと思います。
去年のパターンは優勝したティモンスタッフ針谷マサコさんはティアロ1.6の中層巻き。
準優勝の僕はチビクワトロ0.8gを使った中層巻きで上位にくいこみました。

11月といえども日中は日差しが照らし、暖かくなるため池の水温も上がり魚のコンディションも良くなってきます。
基本、中層となるとクランクを、使う方が多いと思いますが、いつも優勝パターンはスプーンの巻きでした。
ですので、昼間、暖かくなり魚が浮いてきた状況でクランクにシフトするのも一つの手ですが、
爆発力のあるスプーンの巻きでパターンを見つけた方が上位にくいこむ確率が高いと思います。

 

代悟の予想パターン

1回戦
・アピート2.3g(放流狩り)
・ティアロ1.3g(セカンドカラー)
・チビティアロ1.2g(パステルカラー)
・チビクワトロ0.8g(食わせカラー)

2回戦
・ティアロ1.3g(セカンドカラー)放流残り
・チビティアロ1.0g(パステルカラー)
・チビクワトロ0.8g(クワセカラー)

準決勝、決勝
・チビティアロ1.2g、1.0g(パステル、食わせカラー)
・チビクワトロ0.8g(パステル、食わせカラー)

これが僕の予想パターンです。
実際瑞浪で釣りをしたわけでもなく、本当の予想なので当たるとは限りませんが、
毎年この様なパターンで上位者がでるので、
皆さんに是非参考にしてみてはいかがですか?

 



当日参加賞で配る新型スプーン、「チャーム」も活躍するとおもいますよ!

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ