TIMON(TROUT) TOP > STAFF BLOG > 杉山代悟ブログ > 杉山プロ “エキスパートシリーズ第二戦ジュネス” 3位入賞‼

杉山代悟ブログ

杉山プロ “エキスパートシリーズ第二戦ジュネス” 3位入賞‼

2015年03月16日

その他


皆さんこんにちは。杉山代悟です。
エキスパートシリーズ第二戦ジュネスに参加してきました。

プラの状況から言うと風がない時はミッツでのトップの釣り。
もしくはティーグラベルやダートランなどでボトム攻略をする。
風が吹いているときは1g程度のスプーンの巻き、水面から1M以内のクランキング、
ボトム攻略と言った感じで戦略を組んでいきました。

 

<大会当日>

雨だった予報は変わり晴れのち曇となんとか天気が持つ予報になりました。
風もあまり吹かないということでミッツの展開を予想して一回戦に挑みました。

一回戦、四人二人抜け。C組ということでA組、
B組の状況を見ましたがやはり予想が的中しデカミッツが炸裂していました。
放流はティアロ1.9g(オレキン)から入りましたが僕が入った場所は放流口から最も遠いところで、
回ってきても2.3匹取れればいい方・・・・という状況だったので、
放流魚をすぐ見切りデカミッツで狙うことにしました。

カラーは「タッキーネオン」プラの時、
一番反応が良くミッツ勝負になったときはこれを投げると決めていましたが、
A組、B組の選手がデカミッツを投げすぎてスレてしまったのか反応が悪かったのでボトムに切り替えました。

 

まずはティーグラベル(マッドかれは)から入り、沖はズル引き、
手前はサイトでシェイクと二種類の釣り方で釣っていき
後半はダートランの自塗りカラーで追加しサドンデスでしたが1位通過でした。

 

二回戦、タイマン勝負。
場所は一回戦の対岸で、一回戦は放流が炸裂したポイントでした。

まずは放流の残をチビティアロ1.2gブルーヤマメからスタートし、
カウント0~3までの間を少し早めのリトリーブで5匹程釣ったあと、
スローになった放流の残をチビクワトロ0.8gのカラシで釣っていった展開で、
後半はチビパニクラSRやダートランでも2、3匹追加し二回戦突破です。

 

三回戦、四人一人抜け。
場所は一回戦と同じ場所です。
放流はほぼ捨て、ダートランとTグラベルを交互にローテーションし、
展開を組んでいきました。
何回か凡ミスしましたがパターンがハマっていたので2位と大差をつけ3回戦突破です。

 

準決勝、四人で戦いトップ通過は優勝決定戦、
二位通過は3位決定戦へ進出となります。
場所は放流口の近くだったので二回戦ハマったチビティアロ1.2gブルーヤマメからスタートし、
コンスタントにキャッチしましたが、対戦相手が僕のペースを優に超すスピートでキャッチしています。
対戦相手は重たくて派手なカラーで沖の魚をキャッチしていました。

 

僕は手前の魚をチビティアロで釣っていましたが、
対戦相手の戦略が激ハマりし第一ローテで大差をつけられてしまいたした。
追っていく展開で第二ローテスタートです。
第二ローテは浮いていた魚を取るべく、
チビパニクラSRとボトムの魚をTグラベルでいいペースで追いつきを見せましたが
6匹及ばず決勝に進めず、3位決定戦です。

 

3位決定戦、タイマン勝負
ここで負ければ4位でポイントが一気に下がります。
ここは勝ってポイントをあげたいところです。

ここから風が強まってきました。
プラでは風が吹くとスプーンの巻きが釣れ始めるとわかっていたので巻きで出来るだけ踏ん張りつつ、
きつい展開ならクランクを入れる作戦で戦略を組んでいきました。
対戦相手も巻のスペシャリストだったのでそう簡単には勝てないとわかっていました。
まずは新たな場所だったので放流の残をチビティアロ1.2gブルーヤマメからスタートしました。

棚、スピードが合っていなかったのか、あたりがイマイチでなく苦戦している中、
対戦相手は一投一匹の入れ食い状態で6匹差まで付けられていたそうです。

この時ようやく僕もパターンを見つけグイグイと追いついていきローテーションの時は
なんとか一匹リードまでこぎつけました。「13対12」です。
ローテーション後は、チビティアロ1.2gブルーヤマメのカウント2秒、
やや早めのリトリーブでガッツリ食うナイスバイトが出ていました。
ローテーション後巻きでの展開が厳しくなったので
準決勝で良かったTグラベル「マッドかれは」沖の魚を取る展開にシフトしましたが
一投の時間が長く・・・
手前のみを狙っている対戦相手の方がペースが早くまた追いつかれてしまいました。

ここから、釣っては追いつくの激戦をして
残り3分で18対17くらいで負けていたと思います。
ラスト3分で相手が手を出していなかった手前の表層クランクにチェンジしました。
チビパニクラSRです。このパターンが見事ハマリラスト3分で5.6匹の魚をキャッチしフィニッシュです。
結果23対18で5匹の差をつけていました。
最後3分のチビパニクラのチェンジが功を奏し見事3位になることが出来ました。

3位のポイントは100点+一回戦トップ通過の3点が加算されるので103点です。
一戦目のジョイバレーは68点だったので今現在の合計ポイントは171点となり、
5位以内に入っているので次の千早戦でいい結果がでれば十分マイスターは狙えます。

 

久しぶりのエキスパート表彰台と言うことでほんとに嬉しく思います!!
3位決定戦では一匹釣るごとに対岸にいる応援者が
「よ〜〜し!よっしゃ!」などの声が聞こえ皆さんの気持ちが伝わってきました。

今回、応援してくださった皆さんがいなかったら絶対に3位にはなれていませんでした。
今回の3位入賞は、ほんとに心から嬉しく、応援してくださった皆さんに感謝しています。

 

この調子で千早戦もいい結果を残しマイスターとりたいと思います。
皆さん応援よろしくお願いします!

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ