TIMON(TROUT) TOP > STAFF BLOG > Stream Field Staff > トリコロールGTシリーズで長良川水系吉田川を攻略

Stream Field Staff

NEW
トリコロールGTシリーズで長良川水系吉田川を攻略

2017年04月14日

レポート


皆さんこんにちは 。下広太一と申します。

この度、TIMON STREAM FIElD STAFFとして仲間入りさせて頂くことになりました。

よろしくお願いします。

早速ですが、もうすぐ発売になるトリコロールGT56-SR-Fと56MD-Fで解禁し暖かくなり始めた長良川水系吉田川で釣行してきましたのでレポートします。

現地に到着し まずセレクトしたルアーはトリコロールGT56MD-F。

四月も間近となりましたが この地方は水温も低く魚のスイッチも入りにくいと考え遠距離からのダウンクロスでのアプローチで試みてみました。若干の深みのある流芯脇に魚が着いていると思い 重点的にトゥィッチを入れて探っていると岩魚特有の重量感のあるバイト!久しぶりの感触を楽しみながらのファイトでネットインしたのはこの時期には珍しい尺岩魚がキャッチ出来ました。

日を変え もうすぐ発売となるトリコロールGT56SR-Fを結んでの釣行です。

ポイントは支流とはいえ開けた大場所で流れもかなり複雑に流れこんでいる所で 通常の5㎝クラスのミノーでは泳ぎが破綻してしまうような場所、少し厳しいかともおもいましたがキャストし流しこんでみると全く余裕で泳ぎきります。

気分を良くしトゥィッチで誘っていくと突き上げるバイトに合わせを入れヒット。純正のフックも針掛かり良く小さな合わせでも確実に顎を貫通させます。キャッチしたのはワイルドな顔つきのヤマト岩魚でした。

これから盛期を迎えアマゴも動き出します。

トリコロール特有の水噛みの良さフラッシングできっと良い魚を連れて来てくれると思います。また移動重心で飛行姿勢も抜群でフローティング クラス最強の飛びで本流での釣行にも楽しみです。

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ