TIMON(TROUT) TOP > STAFF BLOG > Stream Field Staff > 地元河川で毎年の1本

Stream Field Staff

地元河川で毎年の1本

2016年06月02日

レポート


皆さんこんにちは、ストリームフィールドスタッフの北村です。

先日、地元河川へ朝10時より行って来ました。
水量は平水でしたが雲ってローライト。
大幅な水温上昇もないと思い遅めのエントリーになりました。
水質がスーパークリアなのでなるべく流のヨレや白泡が立つ様な瀬を選択。
地元なだけに迷いなくエントリー。

2週間程前からサツキマスの釣果が下流域で聞こえてたのと、
その間に遡上を促す増水が2~3回あったのでサツキマスの移動を予測しての釣りだった。

荒瀬の頭からサツキマスが付けそうな小さなスポットを丹念に釣り下りました。

瀬の流が少し緩んで水深が僅かであるが深くなる核心部上流へとキャスト。
ルアーに水を掴ませてゆっくりとドリフトさせここに居るであろうスポットで、
大きくラインスラッグを使いトゥイッチングをかけた3煽り目にガツンとバイト。


合わせを入れセットフック完了。

激しいベッドシェイクとローリングを繰り返されるも、
ロッドでタメながら流芯から引き離しサツキマス落ち着かせることに成功。
後は無理せず寄せてネットインできました。
地元河川で毎年の1本、
今年も帰って来てくれたことに感謝してリリースしました。

遠征の1本も嬉しいですが遡上が減少傾向にある地元河川、ひと安心といった感じです。

ヒットルアー・トリコロールGT72SRーFキンアユ

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ