TIMON(TROUT) TOP > STAFF BLOG > Stream Field Staff > トリコロールGT “56MDF”と”88SRF” のスイムチェックと実釣へ

Stream Field Staff

トリコロールGT “56MDF”と”88SRF” のスイムチェックと実釣へ

2015年08月26日

ルアー


皆さんこんにちは、ストリームフィールドスタッフの北村範行です。
お盆も過ぎて少し秋を感じる朝夕ですね。
雨もあり水温下がってトラウトの活性も上がることに期待し、
長良川の支流の吉田川に行ってきました。

トリコロールGTの56MDFと88SRFのスイムチェックと実釣を兼ねて。

 

朝イチに両ルアーのチェックを終え実釣にはいりました。
いつもの通りにトリコロールGT72SRFからキャストを開始しました、
が雨と気温低下の為かトラウトのチェイスはあるもののバイトには持ち込めませんでした。
私はルアーのレンジを下げることを考え56MDFにチェンジ。
この時期はトラウトが秋の産卵を控え、
目線が下がり気味になるのと今日の水温低下に合わせての選択だった。

答えはすぐに出ました。

流芯脇にある大石の横を流すとイワナがヒット。

その後もブレイクラインや岩盤脇で数尾を追加。

 


最後に大場所の流れ込み脇のブレイクのショルダーで雄の尺アマゴがヒット。
リアフックを食わえて激しく抵抗されるも何とかネットイン。
しかし、スコールの様な雨が降ったりやんだりでゴミと濁りの為強制的にロッドオフとなった。
トリコロールGT56MDFですが56なのに圧倒的な飛距離が出るため本流での使用にも対応できます。

派手なアクションはそのままにMDとは思えないレスポンスの良さと、
キレのあるフラッシングでアピールしてトラウトを誘ってくれます。

シーズンを通して活躍してくれるでしょう!

BLOG ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ