TIMON(TROUT) TOP > PRODUCTS > LURE > SPOON > Cibi Tearo

Cibi Tearo ちびティアロ

SPEC

Name Weight Length Hook Size Ring Size Color Price
Cibi Tearo0.5g/0.8g/1.0g/1.2g/1.4g/1.7g19.4mme-hook#12#0通常カラー¥420(本体価格)
Cibi Tearo0.5g/0.8g/1.0g/1.2g/1.4g/1.7g19.4mme-hook#12#0グローカラー¥480(本体価格)

FEATURE

定番ティアロのシルエットをコンパクトにダウンサイジング!!

あのティアロをさらにダウンサイジングしたのがチビティアロです。 魚のサイズや釣り場の状況により、「シルエットは小さいが食わせのキッカケを作り出すためのアピール力は落としたくない」そんな時に重宝します。 オリジナル譲りの大きなウォブリングアクションをそのままに、細分化されたウェイトバリエーションにより、表層からボトムまで幅広いレンジの攻略が可能です。

 

 

【2015年新色・杉山代悟厳選カラー 定番カラー】

『ダイゴマイト』・・・放流が落ち着いたセカンドでの使用で実績の爆釣ダイゴカラー。パステル系を使用しているので濁っているエリアで効果抜群です。

 

『ダイゴマイトⅡ』・・・どんな状況でも使用できるカフェオレ系の実績ダイゴカラー。ダイゴは厳しい状況下で必ず使用し、大会でも結果を残しているカラーです。

 

『銀狼』・・・普通の青銀よりもトーンを落としセカンドカラーで使用しても釣れ続く実績ダイゴカラー。裏面のマジョーラのブツブツが良いアクセントになります。

 

『クレイジーパープル』・・・東山湖FAスペシャル実績ダイゴカラー。オープン時のクリアーな東山湖から極寒期の超マッディーな東山湖まで対応。

 

『ダイゴミクス』・・・表面は蛍光塗料をベースにブツブツを吹き、表面はグローのブツブツになっており、裏面のみのグローの粒が良いアクセントになりマッディーエリアで効果を発揮する実績ダイゴカラー。放流のセカンドカラーとしてもオススメです。

 

『お・も・て・梨』・・・瑞浪フィッシングパーク限定実績ダイゴカラー。見た目はグローのようですが、あえてグローを入れず表面パールのブツブツでグローに飽きた魚にスイッチを入れます。マッディーエリアでとにかく効果を発揮します。

 

 

【2014年新色・ティモンフィールドスタッフ厳選カラー 定番カラー】

 

■杉山代悟フィールドスタッフ厳選カラー

『ダイゴマイトマッディー』・・・マッディウォーター専用のカラーです。両サイドの蛍光レモンと畜光のプツプツを入れることにより視界の悪いマッディーウォーターでもしっかりアピールします。ダイゴマイトは2はクリアーウォーター、新色はマッディーウォーター専用でご使用下さい。

 

■井上悟フィールドスタッフ厳選カラー

『山葵』・・・クリアウォーターでの表層から中層の食わせ。マッディウォーターでは渋い時に。サードから渋い魚も取れる優等生カラーです。

 

■遠藤肇フィールドスタッフ厳選カラー

『エンドチャッピー』・・・渋い状況でマッディーではボトム付近で食わせカラーです。

 

■針谷健夫フィールドテスター厳選カラー

『氷河』・・・ローライトな時や深場で光が届きにくい状況などで放流のセカンドでも活躍するオススメカラーです。

 

■神山敏幸フィールドスタッフ厳選カラー

『いちごみるく』・・・やる気のある魚を簡単に取りたい時に使うカラー。シルバー系のローテの始めに投げることが多い。サーチで使ったり、放流の残りをスプーンのシルエットを落とし、強めのカラーで釣りたい時にオススメ。

 

■針谷方子フィールドスタッフ厳選カラー

『ババシャツ』・・・重さが軽いスプーンなら表層のサイトで使ってほしいカラー。重めなら朝いちのパイロットルアー的にも使うのも良し。クリアでもマッディーでも効果のあるカラーです。

 

 

 

【2013年新色・ティモンフィールドスタッフ厳選カラー 定番カラー】

 

■黒野浩二フィールドスタッフ厳選カラー

『クログロー』 ・・・ クリアー・マッディーウォーターともに、セカンドからサードで効くカラーです。ナイターでも威力を発揮します。

 

■杉山代悟フィールドスタッフ厳選カラー

『よもぎ』 ・・・ マッディーウォーターでは、とにかく強いカラーです。東山湖でのウイニングカラーでもあります。

『かれは』 ・・・大会などで一匹を絞りだす為のカラーです。出す手がなくなった時のオススメカラーです。

 

■井上悟フィールドスタッフ厳選カラー

『ちゃまめ』 ・・・ クリアーウォーターの放流セカンドからサードの少しカラーに悩むような時。マッディーウォーターでは先発のサーチベイト的な役から渋い時の、あと一匹ほしい時まで対応します。

 

■遠藤肇フィールドスタッフ厳選カラー

『エンドブラスター』 ・・・ クリアー・マディウォーターともにペレットを撒いているエリアに効くカラー。また、ペレットを撒いていないエリアの激渋にも効きます。

 

■ティモン人気定番カラー

『コウキブラウン』 ・・・ クリアー・マッディーウォーターともオールラウンダーで使用できるカラーです。クワトロスプーン・ちびクワトロスプーンでも人気定番カラーです。

COLOR CHART

ページトップへ