TIMON(TROUT) TOP > FIELD REPORT > 瑞浪フィッシングパークへ

FIELD REPORT

瑞浪フィッシングパークへ

2014年11月14日

レポート


皆さんこんにちは、TIMONモニターの小林紀之です。

先日岐阜県の瑞浪フィッシングパークさんにお邪魔してきました。

釣行当日は大会開催れていたので、当日エントリーで参戦してきました。

予選の対戦方式はタイマンで4戦してポイント上位が決勝ラウンドに進めるものでした。

1戦目は前半放流スタートでしたがうまくアジャスト出来ず惨敗…

2戦目もティアロ1.6gで数本取るもパターンが掴めずドロー…

 

ここまでで1分1敗で非常に苦しい状態。

3戦目は日陰の場所だった事も有りこれまでのスプーンの巻きからあえてボトムを狙ってみました。

これが良く当たりダートランのショボクレジル、

タップダンサーのタッキーブラウンやエンドパンプキンが助けてくれ1勝出来ました。

4戦目も同じパターンで2勝する事が出来ました。

 

この日はボトムでルアーを操作中に藻が絡んできましたが、

出来るだけ着底してすぐにロッドを煽ってルアーをバンピングさせ、移動距離を抑えたこまめな誘いが有効でした。

 

決勝ラウンドでは4人中2人抜けで戦い放流が落ち着いたら迷わず予選終盤と同じボトム狙いでいきました。

サドンデスながら準決勝まで進みましたが、次の対戦場所は日なたでボトムが効かず敗退してしまいました。

 

大会後はタップダンサーの誘いのタイミングを考えながら楽しく釣りが出来ました。
(ショボクレグロー、ゴンディーラッシュグロー、イチゴボンボン等)

これからもっと水温が下がってくるとタップダンサーは更に活躍されると思われるので必需品です!

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ