TIMON(TROUT) TOP > FIELD REPORT > プールエリアでのお手軽フィッシング

FIELD REPORT

プールエリアでのお手軽フィッシング

2014年11月07日

レポート


皆さんこんにちは、神山敏幸です。

今回は埼玉県のプールエリアの一つ、加須はなさき水上公園さんにお邪魔させていただきました。

プールエリアの魅力の一つに他のエリアと比べ価格がとても安いので、

学生の自分にとっては非常にありがたいです。

この日は午後から授業があったため9時半~11時半の短時間釣行でした。

 

まずはティアロ1.6gのプール用に塗った神山カラーでざっくり探ってみると、

ボトムから少し浮いたあたりでとても良い反応が得られました。

ここ加須はなさき水上公園さんはサイズが良い魚が多く、40センチクラスが2匹に1匹は混ざるとても楽しい状況でした。

プールエリアの注意点として、ほかの通常のエリアと違い足元がとても深く、

手前まで寄せてきたときに一気に潜ることが多いです。

その場合は焦ってロッドを立てず、

魚の頭の向きと同じ方向にいなしてあげるとバレにくくなりますので、落ち着いて対処しましょう!

その後、ガツンとアタリはくるのですがかからない状況が訪れました。

 

そこで、クワトロ1.9gにチェンジし先ほどよりも速く巻いてみるとこれが大正解!

アタリがあって釣れないときは、カラーを地味にしたりスピードを落とすのも一つの手ですが、

楽に釣りたい場合は逆にカラーを派手目にしたりスピードを上げるのも非常に有効な手段です!

クワトロ1.9g、2.4gは速く巻いたときのアクションがとてもよく、

大会などでも活躍しているので、ぜひ試してみてください!

プールエリアのような小規模なエリアだからといってどんどんスプーンの重さを下げるのではなく、

楽に釣れる魚を重くて派手なスプーンで楽に釣っていくのが、自分流の数を釣るキモです。

 

スプーンで一通り楽しんだ後は、スプーンで見つけたレンジにちびパニクラDRを投入すると、これまた大正解!

派手目なカラーを使って、魚の反応を見ながらスピードやレンジを調節するサイトフィッシングはとてもエキサイティングです!

これはちびパニクラのゆっくりでも速巻きでも対応できる力と、

レンジを自在にコントロールできる二つの力のなせるワザです。

 

この日は人からも見やすい、ゴンティフロッグ、ショボクレウラオレが絶好調でした!

みなさんも、プールエリアでのお手軽フィッシングを楽しんでみてはいかがでしょうか!?

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ