TIMON(TROUT) TOP > FIELD REPORT > ボトムルアーで完全攻略

FIELD REPORT

ボトムルアーで完全攻略

2016年12月22日

レポート


皆さんこんにちは。
BASS フィールドスタッフの榎本淳市です。

トラウトキング選手権の練習に静岡県東山湖に行って来ました。

この季節になると朝はかなり寒く、人間的には辛いですが、マス達は元気です。
水温が低下するこれからの季節、ボトム攻略は大会でも重要なキーになります。
そんなボトム攻略に欠かせないルアーが「タップダンサー」と「ダートラン」です。

ニジマスの場合、朝は水温が安定するボトムにいることが多いので、まずはタップダンサーを使いボトムをリフト&フォール、ボトムシェイク、ボトムバンプを織り交ぜ探るとヒットが連発しました!
最初の数投は魚を寄せる為に、グロー系のカラーでアクションも大きめにリフト&フォールさせ、手前のブレイクに近付くにつれて、バンプやシェイクで喰わせる作戦がハマり連発。

カラーはイチゴボンボンなどのレッドグロー系やベージュグロー系から始め、反応が減ればショボクレグローなどのグリーングロー系に移り、最後は寄せた魚をナチュラルなタッキーライトブラウンなどのボトムに近いナチュラル色で喰わせ、シメにシルバーや新色のタッキーチャートネオンなどのさし色系でシメれば完璧!

グローもレッドは強いので釣れないけど、グリーンなら釣れるなんて事もあり、そのまた逆もあったりでカラーは沢山あったほうがいいのは間違いありません。

東山湖の場合、基本的に魚が多いので色々なルアーで釣れるため、パターンがボヤけがちですが、場所や時間により同じボトムの釣りでも、タップダンサーではノーバイトだけどダートランでは連発なんて事もあり、実はこの日も午後になり、東山湖では珍しくタフな状況の中、あまりにも特定のスプーンパターンしか釣れなかった為か、殆どの人が帰りガラ空き。
周りに人は全くいません。
いろいろパターンを探るもクランクなどのルアーには反応が薄く、レンジもズレてる感じがしたので、朝に良かったタップダンサーを試すも全く釣れず、たまに触りがあるだけ…。
魚はいるが、何かが違う感じがしたのでダートランを試すと怒涛の8連発!!

大会でもこんな感じでハマってくれたら良いのですが・・・
アクションは優しめなバンピングがハマりました!
魚が少し浮いている感じがしたので、ダートラン独特のバンピングが効いたかなと。

ボトムバイブ系で釣れなかったらボトム終了ではなく、ボトムミノー系であるダートラン!!

持ち駒が1つ増えること間違いなし。
お忘れなく是非1度お試し下さいね!!

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ