TIMON(TROUT) TOP > FIELD REPORT > アルクスポンド様にて実釣レポート

FIELD REPORT

アルクスポンド様にて実釣レポート

2016年11月04日

レポート


こんにちは!

フィールドスタッフの神山敏幸です。

 

今回は、栃木県宇都宮市のアルクスポンドさんにお邪魔させていただきました。

このエリアの特徴として、非常にトラウトのコンディションがよく、強烈なファイトが楽しめます!

 

特に、40センチクラスのファイターもたくさん放流されており、釣りの醍醐味ともいえるトラウトとのファイトを存分に楽しむことができました。

 

そのコンディション抜群のトラウトに挑むために、今回使用したのは、杉山代悟プロプロデュースロッド。

「T-connection」。

今シーズンから自分もメインロッドとして導入しました。

 

まずは今回使用したタックルをご紹介します。

 

60L ヴァンキッシュC2000S フロロ1.5ld(スプーニングのベースタックル)

60UL ツインパワーC2000S フロロ1.5ld(フィネスなスプーニング用)

60L-ester 2000番リール エステル0.4号リーダー0.5号(エステルラインを使いたいときに)

 

この組み合わせで使用しました。

 

まずは60Lを使用し、ポンドの状況をちびティアロ1.2gロデオ松本さんカラーでサーチしていくと、

表層からカウント3程度沈めたラインから活性の高いトラウトがアタックしてくることがわかりました。

 

この60Lはシリーズ中最も操作性と使用ルアーの幅の広さが優れているため、釣り場の状況をいち早く知りたいときにうってつけのロッドといえると思います。

 

その後はチャーム1gにローテしよりスローに。さらにちびクワトロ0.8g、0.6gとローテしていき、表層付近で楽しむことができました!

 

続いて、スタッフの方から、「ボトムがよく釣れている」との情報をお聞きしたので、今期発売のクロボールを試してみることに。

タックルは60Lに、PEラインを組んで使用してみました。

 

するとこれが大正解!

手前の駆け上がりでたくさんのバイトを得ることができました。

 

実はクロボールを使用する前に、タップダンサーやダートランで手前のボトムを探って歯みたものの、反応はあるのですがバレてしまったり、しっかりとしたバイトまで持ち込めなかったりと、ここまでの反応を得ることができませんでした。

プラグ系やTグラベルなどのスプーン系にはない、ブルブルっとしたアピール力とストンと落ちるスピード感が良かったのかと思います。

 

Tグラベル、タップダンサー、ダートランに次ぐ、新しいボトム攻略ルアーとして、クロボールは期待大です!

 

夕方は、60ULを使ってちびクワトロ0.8gを使った表層攻略がはまり、昼前から夕方までと短い時間でしたが満喫することができました。

 

カラーですが、この日は黄色黒やコウキブラウンなどの、派手すぎない裏表が別色のカラーが良かったように思えます。

 

このアルクスポンドさんでは、時間券が充実していることや、お子様向けのサービスが充実しているため、家族連れの方にはうってつけのエリアだと感じました。

初心者の方でもスタッフさんが優しく教えてくれるので安心ですよ!

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ