TIMON(TROUT) TOP > FIELD REPORT > 2つのNEWカラーの特徴と使い所!

FIELD REPORT

2つのNEWカラーの特徴と使い所!

2016年10月20日

レポート


こんにちは!
ティモンフィールドスタッフの神山敏幸です。

いよいよエリアフィッシングのシーズンイン!
ここで、今回新たにラインナップに加わったNEWカラーの中で、
私、神山が提案させていただいたカラーをご紹介したいと思います。

~パニクラMR、DR、ちびパニクラSR、DR~
「神グリーングロー」「神レッドグロー」

グローベースで背中とお腹に同色系のラインが引いてあるだけのシンプルなカラーリングとなっております。
このカラーは、自分がパニクラシリーズ、ちびパニクラシリーズを使用するうえで、
シチュエーションを問わず信じて投入できるカラーを作りたい!という思いから作成しました。

近年、本当にたくさんのカラーが世に出ているので、正直、カラーセレクトで悩むこともあるかと思います。
自分は、よりシンプルで、トーナメントシーンにおいても投げ切れる。そんなカラーがほしかったのです。

パニクラシリーズの定番メソッドであるボトムノック。
渋い状況で活躍するトラウトのレンジに合わせてデッドスローに引く釣り。
スプーンには反応しないがまだまだ活性が高いトラウトを根こそぎとる釣り。

などなど、その場その場の状況に合わせて。「より活性の高いトラウト」を釣ることができるカラーです!

自分がホームとしているキングフィッシャーさんや大芦川F&Cフィールドビレッジさん。
さらに、近年ブームのプールトラウトなど。
より地味なカラーに落としていく前や、クランクで状況を探りたいとき、是非とも使っていただきたいカラーです。

ショップで見かけた際は、ぜひ手に取ってみてください!

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ