TIMON(TROUT) TOP > FIELD REPORT > プロトルアーも活躍!?サイトフィッシングを満喫

FIELD REPORT

プロトルアーも活躍!?サイトフィッシングを満喫

2016年02月02日

レポート


こんにちは、神山敏幸です。
今回は、栃木県鹿沼市の大芦川F&Cフィールドビレッジさんに
お邪魔させていただきました。

この大芦川さんは、水質がクリアなことで有名なエリアさんなのですが、
トップクラスにクリアな状況でした。
風が止んだタイミングだと、池の中央の底まで見えるくらいドクリアだったため、
サイトフィッシングを満喫することができた一日でした。

 

スタートはパイロットルアーであるティアロ1.6g。
カラーはクログローです。
表層ちょい下にたくさんの魚影が確認できたため、上から順々に下まで探っていきます。
すると、表層で確認できる魚の一つ下のレンジに、活性の高い魚がいることが分かりました。
水質がクリアなエリアで陥りがちなのですが、目視で確認できる魚にとらわれず、
釣りやすい魚を探して釣っていくのがオススメです!

また、クリアなエリアは見切るスピードがかなり速いため、
先手先手を打ったカラーローテーション、ルアーローテーションが必要となります。
よっぽどのことがない限り、一つのルアー、一つのカラーで釣れ続くことはありません。
そこが、クリアウォーターの釣りの面白さであり、
思い通りに釣れ続かせたときの達成感は一度味わうとやめられないかと思います!

スプーンで一通り釣った後は、プラグにチェンジです。

 


大芦川さんの定番メソッドである、パ二クラDRを使ったボトムノックから始めると、連発!
通常のクランクを巻くスピードよりも速めにゴリゴリ巻いていくのがキモです。
カラーはタッキーグローなどの派手目のカラーと、
エンドパンプキンなどの地味目カラーの2色をまずは持っていれば間違いないかと思います。

 

また、デカミッツを使ったトップゲームも好反応!
この日は風があり水面が波立っていた為、
魚に見つけてもらうのと、飛距離を稼ぐためにデカミッツを使用しました。

カラーはもちろん神シャーベット!
このカラーは魚からの反応はもちろん、遠くに飛ばした時に、
白っぽく見えるため視認性も抜群なカラーなので、
是非、一度使っていただきたいカラーです。

 

その後はフィッシングショーでも大注目だった現在開発中のプロトルアーのテストを行いました。

まずは “ワイドウォブリングミノー” から。
色を塗っていないサンプルの状態だったのですが、魚を寄せる力は抜群!
遠くからでも活性の高い魚を寄せるアクションが実現されていました。
今までのティモンプラグの隙間を埋められるルアーなので、
発売が待ち遠しいです。

 

さらに、サーキットボードマイクロバイブレーションはというと・・・。
これがとんでもなく好反応!
ボトムでのバイブレーションアクションはもちろん、
フォール時にも魚がアタックしているのが印象的でした。

ダートラン、タップダンサー、そしてTグラベルと使い分けることによって、
ボトム攻略の死角がなくなると確信しました。
どちらのルアーも、使いやすく、誰でも釣れるルアーを目指してテストを続けますので、
みなさん楽しみに待っていてくださいね!

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ