TIMON(TROUT) TOP > FIELD REPORT > キングフィッシャーさんで開催されたマスターズ戦レポート

FIELD REPORT

キングフィッシャーさんで開催されたマスターズ戦レポート

2015年10月22日

大会レポート


こんにちは、フィールドスタッフの神山敏幸です。
今回は、キングフィッシャーさんで開催されたマスターズ戦に参加させていただきました。
このマスターズ戦は、夏の陣、冬の陣で上位入賞された方、
ポイントランキングで上位の方のみが参加できる非常にハイレベルなトーナメントです。
誰と対戦しても強敵ばかりなので、しっかり気合を入れて臨みました。

まずは一回戦です。

放流はティアロ1.6gオレ金でスタートしましたが、自分のリズムがなぜかかみ合わず・・・。
対戦相手の方はテンポよくキャッチしているのですが、自分だけ大きく出遅れてしまいました。
その後、ティアロ1.6gの黒金やシルバー系にローテしていったのですが、
アタリは出せているのにもかかわらずまったく掛かりません。

結果、前半でダブルスコア以上の大差をつけられ、ダントツビリで折り返します。

後半もティアロ1.6gからスタートしたのですが、
悪いリズムが続いていたため、プラグでのローテーションに切り替えます。
まずはちびパニクラSRで表層をさらっと引いてみると、アタリはあるのですが爆発する感じではない。
その後、デカミッツにチェンジしてトップウォーターを試してみるも、これもしっくりきません。

その時、手前のかけあがりを回遊している魚が見えたため、
ダートランを使用したボトム狙いにチェンジ。

するとこれが大正解!連続キャッチも含め、かなりのハイペースでキャッチ!
コツは、手前のかけあがりだけをテンポよく探るため、
短めにキャストしてよりキャスト回数を増やすことを心がけました。
また、アクションはダートランの真骨頂である、
竿先を10センチ程度あおるダートアクションで魚を集めてからの、
シェイクしながらリールをゆっくり巻いて食わせるアクションがダントツに効きました。

ダートランはダートさせるアクションがメインですが、この時のようにシェイク、
デジマキ、ズル引きなどどのボトムアクションにも高次元で対応してくれる最高のボトムミノーです。

ちなみにこの時使用したカラーは、黒野さんプロデュースのショボクレレッドグローです。

その後もカラーローテもせず全力で釣り続けた結果、逆転勝利することができました。

そして二回戦です。

ここからはタイマンの勝負となるのですが、なんと相手が同じ仲間の遠藤肇さんです!
遠藤さんはキングフィッシャーでも抜群の強さを誇っており、
マスターズ優勝経験もある、ここでは対戦したくない選手ナンバーワンです・・・

ここでも放流が入ったため、オレ金からスタートしますが魚のルアーへのアタックが独特で、
なかなか合わせるのに苦労し、数をうまく伸ばせません・・・。
やっとセカンド系カラーからかみ合ってきて、
〆にダートランで何本か追加し、わずかにリードして折り返します。

そして後半です。
ここからの遠藤さんが強かった・・・。

おそらく、遠藤さんも 「ダートランを使ったかけあがり狙い」が、
この時のメインパターンだったのですが、これは自分と全く同じでした。

場所も隣で釣っているはずなのに、
遠藤さんはテンポよくキャッチしていくのにもかかわらず自分はバイトのみでフッキングまで至りません。
同じルアーを使っているのにもかかわらず、ここまで差が出てしまうのもダートランの恐ろしさです。
その時にあったタックルセッティング、
アクションなどを遠藤さんはしっかりアジャストしていたのだと思います。

結果大差で負けてしまいました・・・

その後、遠藤さんはダートランだけでなく、ミッツなど様々なルアーを駆使して決勝進出。
決勝前半は全く差がつかない息をのむような釣りあいでしたが、
ちびクワトロ0.8gピカグローで遠藤さんがパターンを見つけ一気に突き放します!

しかし、その後相手選手もパターンを見つけ、結果互いに50本近い釣果という乱打戦になりました。
遠藤さんは惜しくも負けてしまいましたが、
観戦している方はちびクワトロの爆発力に非常に驚いていました。

大会に参加された皆さん、運営の方々、お疲れ様でした!

そして自分は、マスターズ戦は2回戦敗退という悔しい結果に終わってしまった為、
次の日もキングフィッシャーさんで一日復習を兼ねた釣りをしてきました。
大会のプレッシャーから解放されたためか朝から絶好調で、
特に今季発売予定のチャーム1gがダントツで釣れました。
放流では「アピード!」もよく釣れ、特にセカンドで投入したアピード2.3g神シルバーが絶好調でした。

この二つは自分にとってとても強力な武器になりそうです!
皆さん楽しみに待っていてください。

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ