TIMON(TROUT) TOP > FIELD REPORT > 間もなく発売の”アピード!”で実釣‼

FIELD REPORT

間もなく発売の”アピード!”で実釣‼

2015年10月23日

レポート


こんにちは、フィールドスタッフの神山敏幸です。

今回は、お昼からの3時間という短い時間でしたが、
栃木県大田原市のキングフィッシャーさんにお邪魔させていただきました。
だんだんと気温が下がってきたエリアシーズン初期の現在ですが、
当日は非常に日差しが強く、温かい陽気の中楽しめました。

まずは安定のティアロ1.6g、カラーは自塗りの黄色系で探ってみると、表層付近に良い反応が。
ただ、昼過ぎからのスタートだったため、追い切れていない様子です。

そこで、ウエイトとシルエットを落とすためちびティアロ1.2gにチェンジ。
すると良いアタリが出始め、いいペースでヒット!
また自分はキングフィッシャーさんにおいて、ちびティアロは抜群の信頼を置いています。

ウエイト的には、

1.4g→放流の残りの、活性の高い魚を広く速く探るときに。

1.2g→小さいシルエットの中のベース。最も使用頻度が高い。

0.5g→手前のたまっている魚用。ちびクワトロを入れる前に投入する。

この3ウエイトがメインで使用しているウエイトです。
ちびティアロは0.5gから1.7gまで、幅広くウエイトがラインナップされているため、
自分の釣りにあったウエイトを見つけていただければ武器になること間違いなしです!

 

そして午後の放流タイムがやってきました!

ルアーはもちろん、間もなく発売の放流のためのスプーン「アピード!」です!
ウエイトは、自分の中でメインとなりそうな2.3gをセレクトしました。
カラーはオレキンです。

まずは、手前の表層から狙っていくと、連続ヒット!
難しいことは考えず、投げて速く巻くだけでオッケーでした。

 

この「アピード!」を使って感じたことは、放流魚に対して抜群の力を発揮するところです。
放流魚が大好きなアクションが、誰にでも簡単に出すことができるのです!
また、今までのティモンスプーンにはなかった、
・放流魚を寄せる「力」
・速巻き対応
・遠投性能 が備わっています。

そのため、ティアロシリーズ、クワトロシリーズの隙間を完璧に埋めてくれるルアーです!

 

次にカラーについてなのですが、放流シーンや活性の高い魚向けに厳選された10色となっております。
そのため、初心者の方でも、放流シーンで使っていただければ、
どのカラーも大きく外すことはないと思いました。
またルアーにも重さがあるためキャストしやすいので、
ぜひビギナーの方にも使用していただきたいです!

最後に、今回使用したカラーローテを紹介させていただきます。
左から順に使用していきました。

放流シーンでのルアーローテは、トーナメントシーンでも生命線となる部分です。
特に自分は、セカンドサード部分のカラー、ルアーウエイトにこだわっています。

放流直後の超高活性状態では、よほど外さない限りあまり差は尽きませんが、
このセカンドサード部分は、はっきりとその時の状況にアジャストできているかがわかってしまうためです。
この日はメタリック系で押し通し、最後に残存を蛍光ピンクで〆るローテでした。

そんなシビアなトーナメントシーンでも信頼して使えるカラーばかりなので、
トーナメンターの方の一番手スプーンとしてもおススメですよ!

ウエイトは、まずは2.3gを使っていただきたいです!

皆さん発売までもう少しですので、楽しみに待っていてくださいね!

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ