TIMON(TROUT) TOP > FIELD REPORT > 貫禄のある郡上サツキマス

FIELD REPORT

貫禄のある郡上サツキマス

2015年07月03日

レポート


皆さんこんにちは、郡上の下広太一です。
今回もまた トリコロールGT 72SR-Fで 素晴らしい郡上サツキと出逢える事ができましたのでレポートします。
先日のトリコロールでのデンデンアマゴの釣果に気分を良くし、出勤前に釣行して来ました。

状況は増水した水もおちつき濁りもなくクリア。
選んだ場所は郡上八幡の中でもかなり大きめな淵で、いかにも魚がストックされそうな所でした。
現地に着くと早速釣り開始。狙いは淵の開きとも思いましたが、
水質がクリアになっている事も考え、その少し上のカケアガリを通す事に。
大淵でロングキャストになりますが、移動重心のGTは何のストレスもなく安定した姿勢で飛んで行ってくれます。

 

ダウンクロスで攻め3投目、確信部で少し派手目にトゥイッチを入れてあげると突き上げの引ったくるようなバイト!
しっかり合わせを入れてフッキングがきまりました、同時に激しい引き!
少し差し込まれましたがなんとかキャッチ出来ました。

魚は途中で想像した通りサツキマスで、それも若干婚姻色の出た雄の41cm!
まさに貫禄のある郡上サツキでした!郡上サツキとなると、かなり上流域となり、
その食性も薄れ中々口を使ってくれませんが、トリコロールのおかげで、そんな魚にリアクションさせ、
出逢いの機会をつくってくれました。来期には56のサイズもリリースされるそうで、早くも楽しみです。
思えば 昨年の郡上サツキとの出逢いもトリコロールでした。

 

メモリアルな魚と出逢わせてくれるトリコロールや山、川、そして自然に感謝です!

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ