TIMON(TROUT) TOP > FIELD REPORT > 初夏の”キングフィッシャーさん”を攻略

FIELD REPORT

初夏の”キングフィッシャーさん”を攻略

2015年06月01日

レポート


皆さんこんにちは、神山敏幸です。
今回は、キングフィッシャーさんに行ってきました。
日曜日ということもあり、プレッシャーが高い状況でしたが楽しい釣りができました。
表層に魚影がかなり見えたため、
定番のサーチルアー、ティアロ1.6gで上から探ってみるも、
見えている魚は反応がよくありません・・・。

 

そこで、一度底まで落とし、巻き上げ、ボトムを離れないように巻くなど、
いろいろ試してみるとボトムすれすれ引きに好反応が!
また、ある程度スピードを速めに引いてあげたほうが良かったため、
ティアロ1.9g、ちびティアロ1.4gなどが良かったです。
表層の見えている魚に関しては、デカミッツドライ、
ミッツドライなどのトップ、パニクラSRHFの表層ちょい下巻き、
スレてきたところで、ちびパニクラSRを投入すると非常に楽しい釣りができました。

 

特に、デカミッツドライに関しては、
抜群の飛距離と適度なボリューム感によるアピールがあるため、
強風が吹くことが多いキングフィッシャーさんの5号池では欠かせません。
できる限り対岸近くまで飛ばしたいので、
通常のミッツよりも使いどころが多いかと思います。

また、ボトムに関してはタップダンサー、ダートランともに好反応!

カラーは派手目が良かったため、
闇金、グリーンボム、ゴンティーグロースペシャルなどを使用しました。

これからだんだんと暑くなってきますが、
夏には夏のエリアゲームの面白さがありますので、
友人や仲間とともにエリアフィッシングを楽しみましょう!

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ