TIMON(TROUT) TOP > FIELD REPORT > 念願の長良鱒

FIELD REPORT

念願の長良鱒

2015年05月11日

レポート


みなさんこんにちは、愛知のNと申します。
先日、愛用しているトリコロールで念願の長良川サツキをキャッチ出来たのでレポートします。

今年は九頭竜川でのサクラマスに振られ続け、
5月に入ってからはまだ釣った事が無い、サツキマス狙いにスイッチする事に。
GW頃から下流域が出ていましたが私が狙っていた区域、
中央区でも釣果が上がりだしたのでタイミングを見計らって相方連れて2人で行ってきました。
中央区は初めて行くので事前にGoogleの衛星写真や、
ストリートビューでポイントや車止めれそうな場所を下調べ。
便利な世の中になりましたね(笑)

雨がしばらく降っていなかった為、水量は渇水気味でした。

簡単にはいかないとは思いながらも入れる場所を探しとりあえず夜明けと同時に釣りスタート。
流石、激戦区の長良川。人だらけでろくに移動も出来ません。
最初の場所では成魚放流アマゴを数匹釣って次の場所へ。

良いポイントにはどこも釣人だらけで中々場所を決めれず時間だけが過ぎていきます。
うろうろと迷ってると朝一に満員御礼で入れなかった場所が人一人居ません。
朝一は餌釣り師の方々がたくさん居た場所だったので、
本流ならではの懐の深さ、ルアーを見ていない事等を考えやってみることに。
上に私、少し下に相方が 入り釣り下っていきます。
暫く釣り下りながら、ふと相方の方を見てると突然から合わせをするではありませんか。
その時は岩盤にルアー当て間違えたのかなって苦笑してたのですが、
1流し下った後に聞いたら中層をミノー引いてたら引ったくられた、との事。
その後ルアー変えたり流し方変えて何回も通したが何もないわ~と残念がっていました。
どの辺りでアタリがあったか等を聞いて流させて貰うことに。
結んだのはトリコロール72HW 金アユ。
渓流~サクラマスまで愛用させて頂いているトリコロールのカラーバリエーションの中でもこのカラー、
特有のフラッシングと黄色っぽいアピール強いゴールドとは少し違う絶妙なところが御気に入りです。

 

相方の反応があった辺りの上手から少しづつダウン、クロスと流し方変えながら、
トゥイッチで誘っていきます。
そろそろ核心部かなって所でルアーがターンした瞬間!
強烈なバイトで引ったくられました。
ヒットと同時に強烈な首降り、良型の鱒と確信。
流れに乗って少し下られるもフック曲がらない様にドラグ緩めて魚を落ち着かせます。
浅い所まで寄せてネットイン!

狙い初めて2年目、今年初釣行で憧れの長良川ブランドのサツキマスを仕留めました。
厳つい顔つき、素晴らしい体高、いかにも長良川らしいの38cmのメスでした。

写真撮影に協力してくれた相方と喰ってくれた魚に感謝。
今シーズンはまだ捕れてない相方のサポートしつつ楽しんで行きたいと思います。

 

 

ちなみに‥

昨年の話ですが九頭竜川にて、トリコロールGT88MDフラッシュチャートで、
初サクラ61cmをキャッチ出来ました。

一度バラしてその後悔しくて通い続けて捕った1本だったので感動して手が震えたのを今でも覚えています。
こんな数々の思いが詰まったトリコロール、もう手放せません‼

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ