TIMON(TROUT) TOP > FIELD REPORT > 長瀞さんにて行われた”サブポンドゲーム”に参加‼

FIELD REPORT

長瀞さんにて行われた”サブポンドゲーム”に参加‼

2015年03月09日

大会レポート


皆さんこんにちは、神山敏幸です。

今回は埼玉県のWP長瀞さんにて行われた、
サブポンドゲームに参加させていただきました。

この大会は決勝以外ほとんど1対1のタイマンで試合ができる楽しいルールでした。

 

長瀞さんは初めて来る釣り場だったため、
ほかの方の釣りを観察してから臨みたかったのですが、
一番先に釣りをするA組に・・・。

とりあえず放流の定番であるティアロ2.4gからスタートしますが、
全然合っていない感じでアタリしかありません。
そこでティアロ1.6gに変え、スローに探るとやっと一本釣ることができました。

 

しかし状況にアジャストすることができず、7~8本差をつけられ後半へ。。

 

魚はかなりスロー、またボトム付近にたまっていることがわかったため、
ティアロ1.6g、カラーはマッディウォーターに特に強いマサノドクリンゴで、
ボトム付近をゆっくり引いてくると連発!

ある程度釣りきったところで同じドクリンゴでウエイトを1.3gに変え根こそぎ釣っていきましたが、
2本足らず負けてしまいました。。。

 

負け組2回戦は、


場所的に魚が抜けるところらしく、
一本一本を絞り出す展開となりましたが、ちびティアロ1.2gのキモヤマメ、
ちびクワトロ0.8gの自塗り蛍光色でなんとか勝利できました。

 

そして負け組三回戦です。
まずはパイロットルアーのティアロ1.6gで探るもいい反応が得られなかったため、
ちびサイズの中のパイロットルアーであるちびティアロ1.2gに変えてヒット!

しかし相手の方がかなり釣っていたため、リードされて後半へ。。。

 

ところが、前半でつかんだ釣りを場所が変わってから行うと、ヒット連発!
一本釣れたら飽きられないように色を変えて、
2色をどんどんローテして釣っていき、逆転勝利することができました!
カラーは青銀、ピンク系の2色がよかったです。

そして、負け組からの決勝進出者を決める、6人1人抜けで負けてしまいました・・・。

 

長瀞さんは初めての釣り場さんだったのですが、
自分の頭にはないご当地カラーをたくさん見ることができたためとてもためになりました。
これからの自塗りの参考にさせていただきます!

WP長瀞さん、参加された方々、お疲れ様でした。

また機会がありましたら参加させていただきたいです!

FIELD REPORT ARCHIVE

PRODUCTS INDEX

  • ルアー
  • ロッド
  • アクセサリー
ページトップへ