COLUMN

真夏のエリアゲーム

こんにちは。フィールドスタッフの井上です。

今年は酷暑と言われているだけあって、暑い毎日が続きますね。暑さが苦手な私は延々とこの暑さが続くのでは?と不安になりましたが、ここ数日は夜になると、鈴虫が鳴き始め秋の到来を感じるようになりました。
そんな8月下旬、アルクスポンド焼津さんにお邪魔してきました。

朝はアルクスさんにしては珍しく無風状態でのスタート。魚から丸見えの状態で若干のプレッシャーの中チャーム1gをチョイス。カラーはアルクスさんで最近好調だという白です。

Tコネクション60ULにエステル0.3号のタックルで遠投。早めに引いてくると数投目でヒット。8月の高温期とは思えないほどの引きです(笑)幸先よく数匹を同じパターンでキャッチ。

ここで私的な表層の引き方を…
表層と言えばデッドスローと言うイメージですが、私は表層と言うよりルアーを引く際に意識する事は『魚が追いつけるギリギリの速さで引く事』です。あまり最初からゆっくりだと見切られる上、バイトも小さくなるので早めを意識すると良いと思いますよ。

もちろんスレてきた場合はデッドスローにもなりますが、その際も魚が追いつけるギリギリの速さを意識するようにしています。ご参考まで。

さて、話は戻りますがチャーム1gで連発し更に10匹ほどキャッチすると、目に見えて魚がいなくなりました。そこで、遠投のボトムを試してみます。

今秋発売のチビダートランとチビタップダンサーの反応を見て行きます。タックルはTコネクション60LSTにエステル0.4号です。

今日の魚はタップダンサーに分があるようで、細かいシェイクをして底を感じながらリトリーブするとググッと良いアタリがあります。

魚を飽きさせ無いようにクロボールも投入しましたが、こちらも良い反応があり魚を連れてきてくれました。

調子よく釣っていきましたが、アルクス焼津名物の風が吹いて来ました。アルクスさんは風が吹くと釣況が好転する事が多いので、待ってましたといったところです(笑)

風が吹き始めてから少しすると、目に見えて表層に魚の姿が見え始めたので、朝良かったチャーム1gを再びキャストすると、バイトが連発。

カラーは白で調子良く釣りますが、他のカラーも試してみます。

黄/黒、オリーブ、ピンク、ベージュなど一通り試しますが、やはり白が正解みたいで、白に戻すと釣れます。

白が良いということで、同じレンジとゾーンをスプーンの反応が弱くなる前に、ブリブリミノーのエンドヌケオレとばしも試しましたが、再び連発モードになりました。

ブリブリミノーは何故か良型の魚が釣れる気がしていましたが、この日もスプーンで釣れる魚より大きいサイズが釣れました。大きい魚を釣りたい方オススメですよ!

今日は夏とは思えないコンディションの中、パターンを見つけて連発し気持ち良く釣りが出来ました。静岡に限らず、9月からは続々とエリアがオープンする筈ですので

是非釣りに出かけてみて下さいね。

<< >>