COLUMN

早春の初岩魚

こんにちは。
ネイティブフィールドスタッフの中村です。

昨年の夏の怪我以来、久々に飛騨の渓流を歩いてきました。

本流、支流ともに雪しろで増水ぎみですが流れの緩いポイントを探し歩いて今年もイワナに出会えました。

ここ数日は例年になく暖かい日が続いてましたが、昨日は急に寒の戻りで寒い朝を車中で迎えました。
陽が昇る7時過ぎからのんびり支度してのスタートです。

開始から数投目。
太い流れの向こう側にできたヨレにトリコロールGT56MD-Fをリリース。
太い流れに乗せる前に口を使わせたいので、ロッド角度とリーリング操作をしてルアーを出来るだけ緩い流れに止まらせを繰り返してると、やっと一匹がゆっくり力なくルアーに反応してくれました。

フッキングしてからは流れに乗り激しくファイトして楽しませてくれます。
ネットに収まったのは、しっかり餌を食っているのか、太った体高ある35センチくらいのイワナでした。

その後も同じようなポイントを探して歩き回ってイワナをキャッチできました。

まだまだ桜の開花もしていない、春の訪れにはもう少しといった奥飛騨ですが、これから季節が進んでくると更に美しい景色と釣りが楽しめるので今シーズンも出来るだけ通いこみたいと思ってます。

使用ルアー
トリコロールGT56MD-F
フラッシュチャート
ピンクアユ

<< >>