COLUMN

2月後半の東山湖にマッチするルアーとタックル

皆さんこんにちは。杉山代悟です。
先日東山湖へ遊びに行って来ました。
毎年この2月後半から、魚が浮き始めてクランクへの反応が良くなってくる時期です。気温も水温も少しずつ暖かくなって来て魚の活性も上がって来ます。
この日も気温は暖かいものの風が強く釣りづらい状況でした。
スタートしたのは水車の間。
コーホーサーモンが放流された事もあり、中層付近のレンジであたりが多発したこの日でした。
ティーコネクション60L−STにエステル0.3号、リーダーはフロロ0.6号のセッティングにチビパニクラDRSS。カラーは神レッドグロー。
投げて着水したらゆっくり巻くだけでバイトが多発しました。


この日は魚のレンジがバラバラでスプーンで一定層を引くと効率が悪く、
クランクの様に投げて巻けば表層〜中層を広く探れるパニクラMRやチビパニクラDRSSの様なクランクにあたりが集中しました。
パニクラはティーコネクション60ULにナイロンのセッティングがベストマッチ。あたりを弾く事なく、絡め取ってくれます。ナイロンの伸びを生かして、ネットまで魚を運んでくることができます。

簡単ですが、動画にもとって見ましたので巻きスピードなどの参考にしていただければと思います。。

これからの時期の東山湖、クランクでの釣りが楽しめますので是非皆さんティーコネクションとクランクをセットして楽しんでみてください‼︎

<< >>