COLUMN

トラキンエキスパート第1戦大芦川フィッシングヴィレッジレポート

皆さんこんにちは杉山代悟です。

今年もこの季節がやって来ました。トラキンエキスパート戦です。

今年の第1戦目は栃木県にあります大芦川フィッシングヴィレッジです。
今回は前日のプラに行けなかった事から、なにもかもわからない状態でのスタートでした。


1回戦
とりあえずいつもの放流タックルでもあるティーコネクション62MにPEラインのセッティングにスプーンはアピード2.7gオレチャートキンからスタート。


中層付近でバイトが多発。セカンドはティアロ1.6gロデオコラボのノブカラー、サードはチビティアロ1.2gの山葵。
レンジは中層〜ボトム付近で放流魚が回っていたので、中層の平行引きか、巻き上げの釣りでなんとか1回戦突破。
2回戦
まずは1回戦から時間が空いた事もあり、放流の残りを釣る作戦で、ティーコネクション60L−estelにティアロ1.6gノブカラーからスタート。中盤あたりが減ったので、さらにスローに誘いタックルは同じの60L−estelにチビティアロ1.0g山葵が爆発し逆転勝利。


3回戦
放流ラウンドだったので、1回戦と同じ62MにPEセッティングアピード2.7gオレチャートキンで手前の放流魚から、サイトで釣っていきました。

サイトで釣るとどうしても早合わせになりがちですが、焦らずワンテンポ遅らせて合わせるとしっかりフッキングして、バラさずキャッチ出来ます。
中盤からスローになった放流魚が手前に寄って来たので、チビクワトロ0.4gピカグローの裏をマジックで真っ黒にした、オリジナルカラーで連チャン。2位と大差をつけて準決勝に進出。
準決勝
今までで使われていなかったエリアを使うという事で、放流魚寄っていると判断し、この日外しのないセカンドタックル、60L−estelに1.6gノブカラーからスタート。
コンスタントにキャッチするもの相手選手3人の方が釣るペースが早く差が開いていきます。
第一ローテで一位選手と9匹差が開いてしまいました。
後半、放流魚がスローになったので、チビティアロ1.0g山葵や、チビクワトロ0.4gで追い上げを見せるもの、2位の選手と1匹差まで追い上げましたが、無念の敗退となりました。

トラキンエキスパート1戦目は表彰台に上がれなかったものの、7位と順調なスタートを切ることができたので、残り2戦全力を尽くし頑張りたいと思います。

タックルセッティング
1 放流、ボトム用
ティーコネクション62M
リール ヴァンキッシュ2000HGS
ライン PE0.25号 リーダーフロロ0.6号

2 スプーン全般
ティーコネクション60L−estel
リール ステラ2000S
ライン エステル0.25号 リーダーフロロ0.6号

3 スプーン全般
ティーコネクション60L−ST
リール ステラ2000S
ライン エステル0.25号 リーダーフロロ0.6号

4 スプーン全般
ティーコネクション60L−estel
リール ステラ2000S
ライン エステル0.3号 リーダーフロロ0.6号

5 スプーンとクランク
ティーコネクション60L
リール ステラ2000S
ライン ナイロン2LB

<< >>